資産ブログのためのプラグイン

【AdSense Plugin WP QUADS】アドセンス広告コードを簡単に設置できる!

更新日:

トキオです。

全ての記事にアドセンスの広告コードを貼っていると、
修正や貼り替えの際、かなりの労力と手間になってしまいます。

そんな事態を避けることができるプラグインがあります。

今回は、アドセンス広告コードを簡単に設置できる【AdSense Plugin WP QUADS】についてです。

AdSense Plugin WP QUADSの概要

WP QUADSは、アドセンスの広告コードを設定しておくことで、
簡単に設置できるようになる上、後の修正なども楽にすることができます。

前までは、「AdSense Manager」というプラグインがあり、
私もそれを使っていましたが、更新が止まったままでした。

エラーが頻発するようになり、代わりとなるのが「WP QUADS」です。

※バージョン違いで表示の仕方や機能が異なる可能性があります。

AdSense Plugin WP QUADSの使い方

まずは、プラグインの追加で「WP QUADS」を検索。
そして、「今すぐインストール」→「有効」をします。

次の画面では、「Skip - Go to Settings」をクリック。

まずは、アドセンスの広告コードを設定します。
ご自分の広告コードをコピーしておいてください。

「Ad 1」をクリックして、「Plain Text / HTML / JS」のままで、
空欄にアドセンスの広告コードをコピペして下さい。

アドセンスの広告コードを、

  • 記事上

  • 記事中

  • 記事下

という様に分けている人は、「Ads2」以降も設定していきます。

アドセンスの広告コードは、次のように記述します。

スポンサーリンク<br>
【あなたのアドセンス広告コード】

※<>は、半角英数にして下さい。

こうすると、「スポンサーリンク+アドセンス広告」が同時に表示されます。

※アドセンスの広告コードだから、「AdSense」を選ぶのでは?と思うでしょう。
ですが、「スポンサーリンク」を付け加えるため、「Plain Text / HTML / JS」のままにします。

「Layout」は、ブログの形式にあったものを選んで下さい。

完了できたら、「設定を保存」をクリック。

「General & Position」では、アドセンス広告の自動設定ができます。
ですが、私は自動設定を使っていません。

一度、やってみた時に変な表示の仕方をしていて、
ペナルティの恐れを感じたため、手動で入れています。

次に、投稿画面でのショートコードの貼り方です。

WP QUADSに広告コードを設定すると、「Ads1」という項目が追加されます。
(他にも設定した人は、「Ads2」「Ads3」と追加されます)

「Ads1」をクリックするだけで、アドセンスの広告コードを貼ることができます。

これで、そのまま広告コードを貼るよりも、かなり管理がしやすくなります。

まとめ

他にも、サイドバーにアドセンスを貼ることができたり、
moreタグや指定した画像の後に表示できたりします。

ですが、設定が細かすぎるし厄介なので使ってません。

便利で多機能なので、いろいろテストをしたい人はやってみるといいでしょう。

便利で多機能って嬉しいけれど、人を選ぶよね・・・。

 
 
 

ネットビジネスで稼ぐための方法を、
トキオ・メルマガ無料)」で、公開しています!!

今だけ、メルマガ特典も付きます♪

↓まだ「準備中」ですが、登録することはできます。
トキオ・メルマガ

 

-資産ブログのためのプラグイン

Copyright© トキオブログ , 2018 All Rights Reserved.