資産ブログのためのプラグイン

【WP Fastest Cache】キャッシュ削除でページ表示スピードを上げる!

更新日:


 

トキオです。

ネットで調べ物をしている時、サイトを訪れたら、
ページの表示が遅いから離脱した、という経験ありませんか?

そのページ表示スピードが遅い原因は、
いろいろとありますが、一つにキャッシュがあります。
 

あなたの資産ブログも、ページ表示スピードが遅いために、
ユーザーが離脱してしまうという事になりかねません。

そうならないためにも、キャッシュは削除していくべきなんですね。

今回は、キャッシュ削除でページ表示スピードを上げる【WP Fastest Cache】についてです。
 

WP Fastest Cacheの概要

WP Fastest Cacheは、ボタン一つでキャッシュを削除・圧縮できます。

また、CSSなどのキャッシュも削除・圧縮してくれるため、
ページ表示スピードを上げたい場合に重宝するプラグインです。

※キャッシュ系プラグインは、他のプラグインと比べてエラーが出やすいです。
私の環境(Xサーバー)では、一度もエラーになったことはありません。
 

ですが、他のキャッシュ機能があるサーバー・プラグインなどを使っている場合は、
エラーになる可能性があるため、「WP Fastest Cache」の使用を控えて下さい。

※バージョン違いで表示の仕方や機能が異なる可能性があります。
※使用の際は、自己責任でお願いします。
 

キャッシュが溜まると・・・?

WordPressでブログを運営していると、「キャッシュ」が溜まっていきます。

このキャッシュが溜まると、デメリットが多く、
ブログのページ表示スピードが遅くなってしまいます。

ページ表示スピードが遅くなると、ユーザーの離脱が増えてしまいます。

その分、アクセスも減ってしまい「損しかない」ですね。
 

さらには、サーバーに負担もかかり、
検索順位にも悪影響を与えてしまいます。

ページ表示スピードが遅いと検索順位が落ちるし、
ユーザーも離脱するしで、もう最悪です。

そのため、キャッシュの削除・圧縮の対策をするべきです。

それができるのが、「WP Fastest Cache」なんですね。
 

キャシュの削除・圧縮の効果は?

私の手持ちブログで、実際に「WP Fastest Cache」を使ってみました。

このブログには、WP Fastest Cacheを入れておらず、
作ったきりで、完全放置でした。

そんなブログで、WP Fastest Cacheの効果を見てみましょう!

ページ表示スピードを計るサイトは、「GTmetrix」です。

ぐぬぬ・・・「PageSpeed Score」が「D判定」。
これは改善しないと・・・、良くない傾向です。

で、WP Fastest Cacheでスッキリした後が、

めでたく、「A判定」がもらえました。

設定して1クリックで、キャッシュの削除・圧縮ができるので、
簡単過ぎるし効果的だし、やらない理由は無いですよ。
 

WP Fastest Cacheの設定方法

まずは、プラグインの追加で「WP Fastest Cache」を検索。
そして、「今すぐインストール」→「有効」をします。

サイドバー「WP Fastest Cache」をクリック。

基本的に、設定するのは「Settings」と「Cache Timeout」の2つのタブです。

タブ「Settings」からやっていきます。

まずは、「日本語」に変換します。

グレーの部分は、プレミアム版のみ設定可能です。

チェックを入れると、ポップが出る欄があります。

  • Preload

新しい記事のページキャッシュを、予め作成しておくという設定。

サーバー側のキャッシュは、初回アクセス時に作られます。
なので、初回はページ表示が遅くなります。

それを解決するために、ページキャッシュを予め作成しておきます。

すべてにチェックを入れます。

  • 新しい投稿

新しい記事を更新した時、「記事一覧やサイトマップ」の内容が変わります。
その時に、「記事一覧やサイトマップ」のキャッシュを自動でクリアする設定。

Clear All Cacheにチェックを入れます。
Update Postのポップアップも同じです。

これで、「設定」は完了です。

次にタブ「キャッシュの有効期限」を設定します。

「Add New Rule」をクリック。

「If REQUEST_URI」で「全て」を選択。
「Then」で「1時間に1回」を選択。

これで、「全て」のキャッシュを「1時間に1回」の間隔で削除するようになります。

手動でキャッシュ削除したい場合は、
「プラグイン設定画面」と「上部メニュー」からできます。

「Delete Cache」は、全てのキャッシュを削除。

「Delete Cache and Minitied CSS/JS」は、
全てのキャッシュを削除と圧縮されているCSS・JSファイルを削除。

「上部メニュー」でサクッと削除が便利です。
 

最後に

WP Fastest Cacheを使わないと、どんどんキャッシュが溜まっていきます。
キャッシュが溜まると、ページ表示スピードが遅くなってしまいます。

このプラグインを設定しておくだけで、
常に速いページ表示スピードを実現できます。

「ユーザビリティー」「検索順位」「サーバー」の事を考えて、
しっかり入れておいたほうが良いプラグインの一つです。

-資産ブログのためのプラグイン

Copyright© トキオブログ , 2019 All Rights Reserved.