資産ブログのためのプラグイン

【UpdraftPlus】WordPressを自動バックアップで、備えあれば憂いなし!

更新日:

トキオです。

パソコン上やネット上では、何が起こるか分かりません。
あなたの資産ブログが突然消えてしまうということも・・・!?

データが飛んでしまった・・・」では、すでに遅いです。
しっかりとバックアップを取っておいて、復元できるように備えておきましょう。

万が一の時のために、できる準備はしておいた方がいいです。

今回は、自動バックアップで備えあれば憂いなし【UpdraftPlus】についてです。

UpdraftPlusの概要

UpdraftPlusは、WordPressで作ったブログを丸ごとバックアップできます。

最初に設定するだけで、あとは定期的に自動バックアップを取ってくれます。
バックアップの保存先も選べますし、使い勝手が非常に良いです。

※バージョン違いで表示の仕方や機能が異なる可能性があります。
※使用の際は、自己責任でお願いします。

バックアップは必要?

バックアップは必要です(キッパリ)

WordPressは、いろんな事ができて自由度が高いです。
ですが、その反面でトラブルに対しても対策しなくてはなりません。

そのトラブルでブログが真っ白になっても、復元できるように、
バックアップを取っておくことは、とても大事です。

UpdraftPlusを入れて設定するだけで、自動バックアップしてくれます。

少し面倒なのは最初だけなので、しっかりやっておきましょう。

UpdraftPlusとBackWPupの違いは?

WordPressのバックアッププラグインといえば、「BackWPup」が有名です。
私もBackWPupをメインに使っていました。

ですが、バックアップファイルの設定など、いろいろと面倒が多くて、
他にバックアッププラグインはないかな?と探していました。

そこで見つけたのが、「UpdraftPlus」です。

プラグイン検索をしてみると、

世界中では、「UpdraftPlus」の方がよく使われているようです。

BackWPupは、自動バックアップでの時間指定など細かな設定ができます。
なので、無償版でこだわりたい人はBackWPupがいいでしょう。

UpdraftPlusも有償版なら、細かな設定ができるようになります。
ですが、「バックアップをしたい」というだけなら、簡単にできる方がいいですね。

それに「UpdraftPlus」は復元を自動でしてくれます。
なので、私はBackWPupからUpdraftPlusに乗り換えました。

UpdraftPlusの使い方

まずは、プラグインの追加で「UpdraftPlus」を検索。
そして、「今すぐインストール」→「有効」をします。

タブ「設定」のUpdraftPlus Backupをクリック。

まずは、バックアップのスケジュール設定をします。

ファイルバックアップスケジュールは、
ブログ内の画像や動画、プラグイン、テーマなどのバックアップのスケジュール。

データベースバックアップスケジュールは、
ブログ内のブログ記事、管理画面の設定、カテゴリー、コメントなどのバックアップのスケジュール。

どれくらいの頻度でバックアップを取るかは、ブログの更新頻度で決めて下さい。

毎日、ブログ更新する人は、毎日バックアップを取るのがいいでしょう。
月に数回くらいのペースなら、2週間ごとのバックアップでいいでしょう。

そして、右側の「バックアップを保持」は、バックアップデータをいくつ取っておくか?ということです。

あまり多くにしても、容量を使ってしまいます。
ですが、1つとかだと破損してしまった時、復元ができなくなってしまいます。

なので、ここは「3~5」くらいにしておいた方が無難でしょう。

次にバックアップデータの保存先を設定します。

この中から、バックアップデータの保存先を決めます。

保存先候補の中で、無料で使えるところもあります。

  • Dropbox

  • Anazon S3

  • Rackspace Cloud Files

  • Google Drive

  • FTP

  • S3-Compatible

  • OpenStack

  • DreamObject

  • Email

これらが無料で使えるのですが、一番簡単で安心なのが「Dropbox」です。
※Dropbox・・・ネット上にファイルの保存領域を作れるサービス

逆にオススメできないのが、「Email」ですね。

ブログ運営を続けていくと、どうしてもバックアップデータも大きくなっていきます。
Emailでは対応できないくらいの大きさになるので、選ばないようにしましょう。

保存先を「Dropbox」に設定すると、次のような設定画面になります。
※Dropboxのアカウントをここで取っておいて下さい。(Googleアカウントでもできます)

各項目を確認して、最後に「変更の保存」を押して保存します。

次のようなポップアップが出てきます。

Follow this link to authorize access to your Dropbox account (you will not be able to backup to Dropbox without it).

をクリックして、Dropboxの認証をします。

Dropboxにログインすると、次のような画面になります。

「Complete setup」をクリックして完了します。

タブ「Backup / Restore」で、次のバックアップスケジュール:を見てみましょう。

ファイル:とデータベース:が「バックアップスケジュールがありません」となっていましたが、
緑色で「日付と時間」が表示されるようになっているはずです。

これで、設定は完了です。

UpdraftPlusでの復元のやり方

タブ「Backup / Restore」の下部にあるアクション「復元」をクリック。

復元したい項目にチェックを入れて、「復元」をクリック。

※バックアップデータのサイズで完了まで、時間がかかるかもしれません。

UpdraftPlusでの復元はこれだけです。
項目にチェックを入れて「復元」をクリックするだけなので、とても簡単ですね!

最後に

サイトが真っ白になってしまったり、飛んでしまった時、
バックアップを取っていなければ、復元できずに諦めるしかありません。

ですが、バックアップさえ取っていれば、
そのまま、元の形に戻すことができます。

「バックアップとか難しそう・・・」とかいって、
後回しにしていると、きっと痛い目に会うことになります。

UpdraftPlusの設定自体、全然難しいものではないため、
最初の段階でサクッと設定して、自動でバックアップを取っておきましょう。

 
 
 

ネットビジネスで稼ぐための方法を、
トキオ・メルマガ無料)」で、公開しています!!

今だけ、メルマガ特典も付きます♪

↓まだ「準備中」ですが、登録することはできます。
トキオ・メルマガ

 

-資産ブログのためのプラグイン

Copyright© トキオブログ , 2018 All Rights Reserved.