資産構築

常時SSL化(https)をXサーバーで設定する手順!

更新日:

トキオです。

「SSL化して、httpからhttpsにする」
分からない人には、さっぱりだと思います。

ですが、これをしておかないと、
どんなに良い記事でも、読まれなくなる可能性があります。

そもそも、ページ自体が表示できなくなるんです。

今回は、常時SSL化(https)をXサーバーで設定する手順についてです。

SSL化(https)とは?

URLといえば、「http://」から始まるものでした。

ですが、Googleが推奨したSSL化したサイト(https://)でないと、
「保護されていない通信」として、表示できないという仕様になります。

このように、SSL化していないと、
URLの左側に「保護されていない通信」と出てしまいます。

SSL化は、サイトの信頼性や検索順位の評価要素にもなります。
なので、ブログ運営していくなら、やっておくべき設定なんですね。

Xサーバーでは、この常時SSL化を無料で設定することができます。
手順も簡単なので、サクッと設定してしまいましょう!

Xサーバーで常時SSL化の設定をする手順

Xサーバーの「サーバーパネル」にログインします。

タブ「ログイン」→「サーバーパネル」

SSL化したいドメインを「設定対象ドメイン」から選びます。

「ドメイン」の「SSL設定」をクリック。

タブ「独自SSL設定の追加」をクリック。

「独自SSL設定の追加する(確定)」をクリック。

※「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」は、チェック入れなくて大丈夫です。

厳密に言うと、SSL化をWordPressで反映させるために、
まだやることがありますが、SSL設定としては完了です。簡単ですね♪

ブログURLを「https://~」にしてみましょう。

すると、このような画面になります。

これは、まだ設定が反映されていないためです。
しばらく、何もせずに待っていましょう。

ちなみに、SSL化しないと上記のような画面になるので、
ブログに訪れても、ほとんどのユーザーが離脱することでしょう。

ブログ運営するなら、SSL化はしっかりやっておきましょう。

次に、SSLのリダイレクト設定をやっていきます。

つまり、「http」でアクセスしてきても、
「https」に変換してアクセスできるようにします。

「ホームページ」の「.htaccess編集」をクリック。

タブ「.htaccess編集」をクリック。

.htaccessの一番上に、
 

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

 

をコピペで記入します。

これで、「http」でアクセスしても、
「https」に自動で切り替わり、アクセスできるようになります。

WordPressで「https」を反映させる

この状態から設定が反映されて、
ログインできる状態になったら、WordPressを設定していきます。

WordPressにログインして、ダッシュボードに入ります。

サイドバー「設定」の「一般」をクリック。

一般設定の中の、URLに「s」を足していきます。

そして、下の方にある「変更を保存」をクリック。

改めて、ログインするようになるため、
もう一度、ログインをします。

これで、ブログのURLが「https://」に設定できました。

試しに「http://~」でアクセスしてみて下さい。
「https://~」にリダイレクトされてアクセスされるでしょう。

URLも見てみましょう。

鍵マークが付いていますね。

これで、ブログのSSL化は完了です。簡単ですね♪

※表示の仕方や機能が異なる場合があります。

最後に

もし、ブログ内に「http://」のURLがあると、
それだけで「保護されていない通信」になってしまいます。

そのため、ブログ内のURLは「https://~」に統一するようにしましょう。

この常時SSL化をすることが当然という流れになってきています。

有り難いことに、Xサーバーでは常時SSL化が無料でできます。
WordPressをインストールしたついでに、サクッと終わらせましょう。

 
 
 

ネットビジネスで稼ぐための方法を、
トキオ・メルマガ無料)」で、公開しています!!

今だけ、メルマガ特典も付きます♪

↓まだ「準備中」ですが、登録することはできます。
トキオ・メルマガ

 

-資産構築

Copyright© トキオブログ , 2018 All Rights Reserved.