Googleアドセンス

Googleアドセンスに「スポンサードリンク」は必要?

更新日:

トキオです。

アドセンスで長期的に稼いでいくためには、
アドセンスのルールを、しっかり守らなければなりません。

ですが、アドセンス規約に明記されていないこともあります。

その一つが、「スポンサードリンク」は必要かどうか。

あった方がいいという人と、無くてもいいという人。
調べてみると、いろんな意見がありますね。

この記事では、私の意見を書いてみたいと思います。

今回は、Googleアドセンスに「スポンサードリンク」は必要かどうかについてです。

アドセンス広告の上に表記は必要?

Googleアドセンスでは、推奨していますが必須というわけではないようです。
なので、別に無くてもいいのかもしれません。

ですが、私は付けたほうがいいと思っています。

何故かというと、「アドセンスブログを資産にしたい」からです。
ポリシー違反にならないように、万全の態勢でいたいのです。

なぜ、表記をするの?

これは、コンテンツ(文章)とアドセンス広告を明確に分けるためです。

もし、明確に分かれていないと、文中に誘導する言葉があれば、
アドセンスのポリシー違反になりかねません。

アドセンス広告の上に表記があれば、誘導しているとはなりにくいです。

※それでも、あからさまに誘導する文章があれば、ポリシー違反になる可能性はあります。
また、アドセンス広告の下に誘導する言葉があっても警告が来ますので、注意!

最初の頃は、私も表記を付けていませんでした。
ですが、誘導していると警告が来てから、付けるようになりました。

表記がしない方がクリック率が上がるという人もいますが、
私が表記した後のクリック率を見ても、特に変わってなかったです。

ですので、どうせ変わらないならポリシー違反を避けるためにも、
アドセンス広告の上に付けておいた方がいいですね。

表記が無いとむしろ、誤クリックが増えてしまい、
クリック単価が下がったり、無効クリックが増えたりする可能性が高いです。

これは、ブログの内容によるかもしれませんが、
私は表記しておいた方がいいと思いますね。

スポンサーリンク?スポンサードリンク?

結構前のブログとかだと、「スポンサードリンク」が主流でした。

これは、Googleアドセンスのヘルプで、
「スポンサードリンク」の表記を推奨していた説があります。

また、英語表記だと「Sponsored Links」になり、
そのままカタカナにして、「スポンサードリンク」となった説もあります。

どちらにしても、「ドリンク?飲み物?」
となったことがあるのは、私だけじゃないでしょう。

今はどうかというと、AdSenseヘルプに記述があります。

広告のラベル表示

AdSense の広告ユニットには、「広告」と「スポンサーリンク」のいずれかのラベルを表示できます。他の種類のラベルは、現時点では許可されません。詳細については、広告のプレースメントに関するポリシーをご覧ください。

出典:https://support.google.com/adsense/answer/4533986?hl=ja

なので、表記する場合は、

広告
スポンサーリンク

のどちらかを選んで、表記するのがいいですね。

最後に

アドセンス広告の上に、「広告」か「スポンサーリンク」を表記した方がいいです。

表記したからといって安心せずに、
クリックを誘導する文章がないか、確認した方がいいです。

私のところにも、1回だけ警告が来ましたが、
あれは、かなり心臓に悪いです・・・(苦笑

すぐさま文章を消して、すべての広告の上に表記も入れました。

アドセンスで稼いでいくために、万全の態勢でいたいですね。

 
 
 

ネットビジネスで稼ぐための方法を、
トキオ・メルマガ無料)」で、公開しています!!

今だけ、メルマガ特典も付きます♪

↓まだ「準備中」ですが、登録することはできます。
トキオ・メルマガ

 

-Googleアドセンス

Copyright© トキオブログ , 2018 All Rights Reserved.