資産構築

「SEO集客」検索エンジンから安定した集客をするための対策!

更新日:

トキオです。

ブログの集客には、いろんな方法があります。

その中でも、自動化ができて効果的なのは、
「検索エンジンでの集客」です。

アクセスを呼ぶためには、検索上位になる必要があり、
その検索上位に入るためにするのが、「SEO対策」です。

というより、SEO対策しないブログは「良くないブログ」の傾向にあります。

今回は、検索エンジンから安定した集客をするための対策「SEO集客」についてです。

自動化できるSEO集客

何かをネットで調べたいと思った時、「検索エンジン」を使いますよね?
そして、検索結果に出てきたブログ・サイトに訪れる。

このやり取りを、多くのユーザーが毎日行っています。

その検索結果の上位に上がることができたら、
毎日、安定した集客ができるようになります。

検索上位に上がれば、ずっと集客ができるわけであり、
結果、「集客の自動化」ができるようになります。

その検索上位に上がるためにする対策が「SEO対策」です。

ブログの集客において、「SEO集客」が最も効果的です。

3つのSEO対策

SEO対策には、3つの種類があります。

  • コンテンツSEO
  • 内部SEO
  • 外部SEO

それぞれ効果的で、必要不可欠なものなので、
検索上位に上がるために、やっておくべきです。

それぞれを見ていきましょう。

コンテンツSEO

コンテンツSEOとは、ユーザーにとって良質なコンテンツを、
ブログに更新し続けて、検索上位を目指すという対策です。

当然ではあるのですが、とても重要であり「本質」です。

ユーザーにとって、良質なコンテンツがブログにあると、
滞在時間が伸びて、ページセッションも増えます。

多くの記事を読んでもらえるため、PV数も増えます。

結果、Googleからの評価が高くなり、
検索上位に上がるようになっていきます。

検索上位に上がれば、さらにユーザーが訪れるようになります。

そのユーザーの滞在時間・ページセッションが多いと、
さらにGoogleからの評価が高まり、順位は不動になる。

Googleの検索上位を決めるアルゴリズムは、
「滞在時間・ページセッション」だけではないです。

ですが、これらが高いと良い評価を受けるのは明白です。

というのも、Googleは「ユーザーファースト」を掲げているからです。

ユーザーのためのコンテンツを作る。

これが、検索上位に上がるため、
そして、資産ブログにするための対策です。

内部SEO

内部SEOとは、検索エンジンのアルゴリズムに合わせて、
ブログ・サイト内を調節する対策のことです。

内部SEOの対策は、いろんな方法があります。

コンテンツ

これは、コンテンツSEOと同じようなものです。

ブログ内のコンテンツ(記事など)を質の高いものに足ます。
コンテンツの質が高いと、ユーザーにもGoogleにも評価されます。

最も基本的なSEO対策ですね。

titleタグに入れるキーワード

titleタグに入れるのは、「記事タイトル」です。
その記事タイトルに、狙っているキーワードを入れます。

そうすることで、狙いキーワードの検索結果に表示されます。

検索結果に表示される部分でもあり、狙いキーワードを入れつつ、
ユーザーが「読んでみたい!」と思うものにします。

ここにキーワードが入っていなければ、
検索結果に表示されるのは、難しくなります。

hタグのキーワード

hタグに入れるのは、記事内の「見出し」です。

「hタグ」には、h1~h6タグまであります。
(ちなみに、ここの文章のタグは「h4タグ」です)

見出しがあることによって、ユーザーに分かりやす位上、
狙うキーワードを含めると、検索表示もされます。

注意したいのは、「正しい順序でhタグを使う」ということです。

つまり、「h1タグ→h2タグ→h3タグ」、
という風に、数字の順番通りに使っていきます。

小見出しを使う場合は、
「h2タグ→h3タグ→h4タグ、h3タグ、h2タグ」

この記事が、見出しと小見出しの形になっています。

meta descriptionの設定

meta description(メタ・ディスクリプション)とは、
検索結果に出てきた時、記事タイトルの下に出る文章のことです。

ここには、記事内容の要約を記入します。
それをクローラーが読み取り、内容を認識します。

実際には、上位表示の効果がほとんどないとも言われています。

ですが、ユーザーがここの文章を読んで、
記事に訪れようかどうかを、判断する場合があります。

そのため、検索結果のクリック率にも影響がある部分です。

引用タグを使う

何か引用したい時に、コピペしてくることもあります。

そんな時、そのままコピペをして記事にしてしまうと、
コピーコンテンツとして評価が下がります。

それを防ぐために、引用タグを使います。

引用タグを使えば、Google側に「コピペではなく引用」と、
伝えることができるため、低評価を避けることができます。

内部リンクを貼る

ブログ記事の中に、関連する記事があるなら、
その記事へのリンクを貼るのが、「内部リンク」です。

関連記事への内部リンクを貼ることで、
ユーザーのためになり、クローラーが通りやすくもなります。

リンクに飛べば、ページセッションが増えるため、
ブログの直帰率を下げることもできます。

ページの読み込み速度を上げる

記事の読み込み時間が遅いと、それだけでユーザーは離脱します。

実際のデータでは、ページ表示に「3秒以上」かかると、
ユーザーの57%がブログを離脱してしまうようです。

つまり、ページ表示は「2秒以内」が目標です。

対策としては、プラグインの「WP Fastest Cache」を使います。
>>【WP Fastest Cache】キャッシュ削除でページ表示スピードを上げる!

そして、高性能サーバーを使うことです。
レンタルサーバーでは、Xサーバーが良いでしょう。
>>「Xサーバー」でのレンタルサーバーの契約方法と解約方法!

モバイルフレンドリー・レスポンシブデザインにする

つまり、スマホ端末でも表示できる必要があります。

スマホ端末で表示できないと、上位表示できないばかりか、
スマホ経由のアクセスも見込めなくなります。

スマホでのアクセスは非常に多く、取り逃がさないほうが良いです。

とはいっても、大抵のWordPressテーマは、
レスポンシブデザイン対応になっています。

↓の記事では、アドセンスブログとしてますが、
すべてのブログで、おすすめできるWordPressテーマを紹介しています。
>>アドセンスブログにおすすめのワードプレステーマ

もちろん、レスポンシブデザイン対応しています。

SSL化(https)をする

セキュリティ強化によって、SSL化(https)が推奨されています。

これからSSL化(https)の有無が、
検索順位に大きく関わってくるでしょう。

これをしないと、「保護されていない通信」として、
警告がでるようになってしまいます。

そうすると、検索上位になっても離脱が増えてしまいます。

これからのことを考えて、SSL化(https)はする方がいいですね。
>>常時SSL化(https)をXサーバーで設定する手順!

sitemap.xmlサイトマップの送信

ブログの内容をGoogleに持ち帰るクローラーに、
正しく読み取ってもらうため、sitemap.xmlサイトマップを送信します。

sitemap.xmlを送信することで、
ブログの構造を、的確に伝えることができます。

プラグインの「Google XML Sitemaps」を使います。
>>【Google XML Sitemaps】クローラーに巡回して検索エンジンに認識してもらう!

そして、サーチコンソールの「サイトマップ」で送信をすれば完了です。
>>サーチコンソールの登録・設定方法と使い方とは?

外部SEO

外部SEOとは、外部の他サイトに「被リンク」を、
設定して送ってもらう対策のことです。

外部SEOは、ブログに被リンクを集める対策です。

被リンクとは?

被リンクは、他サイトから獲得したリンクのことです。

他サイトの人があなたのブログを見て、「役立つからリンクしたい」と思い、
ブログにリンクを送ると、それが被リンクとなります。

この被リンクを、Googleは「ブログの認知の指標」としている可能性が高いです。

そのため、被リンクの量が多くて質が高いと、
検索上位に上がる可能性も高いということです。

被リンクを獲得する

他サイトからの被リンクが効果はあるとされています。

ですが、自作自演の被リンクは簡単に見破られてしまい、
ペナルティを受ける恐れもあります。

ペナルティを受けてしまうと、検索順位が大きく落ちます。
なので、露骨な自作自演の被リンクは返って危険です。

どのような被リンクが良いのかというと、

  • 自然なリンク
  • リンク元と関連度が高くて良質

これらは効果があって、検索上位に上がるとされます。

逆をいえば、これらを自作自演できれば、
効果のある外部SEOができるということです。

・・・詳しいことは、ここでは割愛します。

自然な被リンクをたくさんもらえるような、
そんなブログを作ることが、一番のSEO対策でしょう。

検索上位にならないと・・・?

「検索エンジンでの集客」が安定すれば、
自動化する事ができて、放置で稼ぐことができるようになります。

そのためには、検索上位になる必要があります。

この「検索上位」。

ライバルも狙っている場所であり、
まさしく弱肉強食のイス取りゲームなんです。

検索上位、それも1位にならなければ、
大きなアクセスは見込めません。

次のようなデータがあります。
Internet Marketing Ninjasが発表したものです。
 

■2017年の検索順位別クリック率
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1位 :21.12%

2位 :10.65%

3位 : 7.57%

4位 : 4.66%

5位 : 3.42%

6位 : 2.56%

7位 : 2.69%

8位 : 1.74%

9位 : 1.74%

10位: 1.64%

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

つまり、検索結果で1位になったとしても、
クリックして開かれるのは、21%ほどしかないということ。

4位以降は、5%を切ってますね・・・。

もちろん、これは検索キーワードにもよります。
ですが、このようなデータが実際にあるんです。

検索上位にならなければ、アクセスを見込めないのです。

そのために、的確な「SEO対策」が必要となってきます。

最後に

検索順位を決めるアルゴリズムは、公開されていません。
そのため、憶測で効果あるものを対策していきます。

「Googleが掲げる10の事実」にある通り、
ユーザーファーストでいれば、後から付いてくるものなのでしょう。

「コンテンツSEO」を目指していれば、
「内部対策SEO」と「外部対策SEO」も自然と付いてきます。

SEO対策は、ユーザーのためにするものです。
できる範囲でやっていき、検索上位を目指しましょう。

 
 
 

ネットビジネスで稼ぐための方法を、
トキオ・メルマガ無料)」で、公開しています!!

今だけ、メルマガ特典も付きます♪

↓まだ「準備中」ですが、登録することはできます。
トキオ・メルマガ

 

-資産構築

Copyright© トキオブログ , 2018 All Rights Reserved.