WEBライティング

【SDS法】「1つの内容」を「形式を変えて」伝える。

更新日:

トキオです。

ブログを資産にするなら、コンテンツ(記事)を書かなくてはなりません。
ですが、「どうしても書けない・・・」という人も多いですね。

それは、基本的な文章の構成を知らないからです。

文章の構成として、もっとも簡単で分かりやすいものがあります。
それを知って使えば、論理的で伝わる文章が書けるようになります。

今回は、「同じ内容」を「形式を変えて」伝える【SDS法】についてです。

SDS法とは?

「SDS法」は、「同じ内容」を「形式を変えて」伝える。
という、文章の型です。

1つの内容を3回続けるので、ユーザーが理解しやすい記事になります。

SDS法の文章構成

・Summary:全体の概要

・Detail:詳細の説明

・Summary:全体のまとめ

Summary:全体の概要

Summary(概要)

はじめは、記事内容の概要を書いていきます。
ブログ記事でいうところの「導入部分」ですね。

いきなり本題を始めるよりも導入がある方がスムーズですし、
次の詳細の説明が、より理解されやすくなります。

Detail:詳細の説明

Detail(詳細)

先程、導入部分で説明した内容の詳細を書いていきます。

検索で来た人や記事タイトルをみて気になった人は、
その内容を知りたいと思っています。

導入部分からの流れのまま、詳しい内容を解説します。

注意したいのが、簡潔にしすぎて短略的になったり、
長ったらしく解説して、途中でダレるようにしないことです。

これは、個人的な気持ちからなってしまうことが多いですね。

「文章を書くのがダルいから、こんなもんでいいか・・・」
「文字数を稼ぎたいから、どんどん書いていこう!」

など、そもそもの目的を見失ってしまっています。

詳細では、ユーザーが疑問に思っていることに答えてあげるのが目的です。

Summary:全体のまとめ

Summary(概要)

ここでは、詳細を踏まえた上での概要を書いていきます。
詳細があるので、さらに具体的な概要になっているはずです。

記事でいうところの「まとめ」の部分ですね。

SDS法の例

SDS法の例というか、この記事自体がSDS法になっています。

「ブログを資産にするなら~」からが、これから書く記事のSummary(概要)です。
そして、「今回は~」でDetail(詳細)へと繋げています。

この記事は、SDS法についての記事です。
そのため、「SDS法とは?」「SDS法の文章構成」「SDS法の例」で詳細を解説しています。

「全体像→具体的な詳細」とすると、より理解しやすくなります。

そして、「まとめ」(概要)で記事を締めます。
 

もう一つ、よく知られているSDS法の例を紹介します。

それは、「自己紹介」です。

  • Summary(概要)

はじめまして、〇〇です。

  • Detail(詳細)

私は〇〇歳。〇〇県出身です。
〇〇の仕事をしていて・・・
〇〇が趣味で・・・

  • Summary概要)

・・・という〇〇です。
よろしくお願いいたします。
 

簡単な概要で入って、その詳細を伝えて、概要で締める。
とても簡単でシンプルですね♪

最後に

SDS法は、「概要→詳細→概要」で3回伝えるため、
読んでいる人も、内容を理解しやすくなります。

SDS法の文章構成を使えば、大まかな型ができます。
その型の中に、ユーザーのための文章を書いていけばいいのです。

もちろん、文章を書くためのリサーチなども必要です。
記事を書く準備が整ったのなら、あとは型にはめていくだけですね。

解説をする記事を書くなら、シンプルで簡単な「SDS法」を使うのが得策です。

1つのことを掘り下げて、具体的な記事を書くなら、
>>【PREP法】はじめに「結論」を書いて、1つのことを「具体的」に伝える。

 
 
 

ネットビジネスで稼ぐための方法を、
トキオ・メルマガ無料)」で、公開しています!!

今だけ、メルマガ特典も付きます♪

↓まだ「準備中」ですが、登録することはできます。
トキオ・メルマガ

 

-WEBライティング

Copyright© トキオブログ , 2018 All Rights Reserved.