仕事・お金関連

サラリーマンの小遣いの内訳・平均額はいくらくらい?

投稿日:

トキオです。

家庭を持つとより一層、責任が重くなってきます。

その中でも、気持ちが落ち込んでしまうものとして、
サラリーマンのお小遣い事情が出てくるかと思います。

働いた金額とお小遣いとして、貰える金額の差が大きすぎて、
精神的にも辛くなってしまったというサラリーマンが多いです。

もらったお小遣いで自分の趣味や好きなものに、やり繰りをするという人がほとんですね。

他の人のサラリーマンの小遣い事情はどうなのでしょうか。
今回は、サラリーマンの小遣いの内訳についてご説明します。

サラリーマンのお小遣いの平均はいくら?

そもそも、サラリーマンの平均お小遣いは一体いくらなのでしょうか。

そこで、サラリーマンのお小遣いの平均を調べてみたところ、
新生銀行が「サラリーマンのお小遣い調査」をしていた事がわかりました。

そこで「サラリーマンのお小遣い調査」から、
サラリーマンのお小遣いの平均金額を調べてみた所、約37,873円であることがわかりました。

ちなみに一日の平均昼食代は、約587円です。

また、37,873円とはいっても、
その中から、昼食代や飲み代を捻出するため、最低でも22,000円が必要な食費代になります。

そのため、サラリーマンの平均お小遣いは1万円弱です。

サラリーマンのお小遣いの内訳は?

サラリーマンの平均お小遣い額は、大体1万円弱です。

それでは、サラリーマンのお小遣いの内訳について踏み込んでみたいと思います。

実際のお小遣いの内訳で多いのが、

1位は昼食代

2位は趣味

3位は嗜好品

4位は飲み代

5位は携帯電話代

という事でした。

1位が意外にも、昼食代だという事がわかりました。

実際に、全世代共通で昼食代がダントツのトップで、
それも、50%を超える割合でした。

そして昼食代を払ったら残った額で、趣味に使うという人が多いです。

やはり残った額はとても少なく、「まだお金が欲しい」と嘆いている人がとても多くいます。

副業をしている人が増えている!?

お小遣いのほとんどが昼食代に回しているということから、
「趣味に使えるお金がもっと欲しい!」という人がとても多くいます。

その為、現在では副業をしている人がとても多く増えています。

やはり、お小遣い事情はとても厳しいもので、
「もっとお金が欲しい」「お小遣いを増やしてほしい」という思いを持っている人が多いのですね。

サラリーマンにピッタリの副業とは?

サラリーマンの平均のお小遣い額と、その使い道についてご紹介しました。

実際に紹介した額よりも少ない人や、もっと他にお金を使っているという人ももちろんいるかと思います。

「お金に不満を持っている人」や「もっとお金を増やしたい」
と思っている人は、副業を考えてみるというのもいいかもしれません。
 

サラリーマンのお小遣いは、想像していた以上に少ないですね。

昼食代も節約することができますが、
肝心の仕事に影響があってもいけないですから、難しいですね。

そんなサラリーマンの人にオススメしたいのが、ネットビジネスです。

ネットビジネスは、インターネットとパソコンがあれば、
自宅でできるので、副業としてピッタリでしょう。

その上、低資金で始められるため、少ないお小遣いからでも出すことができます。

 
 
 

ネットビジネスで稼ぐための方法を、
トキオ・メルマガ無料)」で、公開しています!!

今だけ、メルマガ特典も付きます♪

↓まだ「準備中」ですが、登録することはできます。
トキオ・メルマガ

 

-仕事・お金関連

Copyright© トキオブログ , 2018 All Rights Reserved.