資産構築

サーチコンソールの登録・設定方法と使い方とは?

更新日:

トキオです。

検索エンジンからの集客というのは、
ブログ運営をしていく上でも、資産にするのにも大事なことです。

その検索エンジンの「Google」。

そのGoogleから、ブログをどのように認識しているのか。

その認識が分かる、Googleのサービスがあります。

今回は、サーチコンソールの登録・設定方法と使い方についてです。

サーチコンソールとは?

サーチコンソールは、Googleが提供するサービスです。

  • ブログの状態の把握
  • クエリ(ユーザーの検索ワード)
  • ペナルティの認知

など、安定したブログ運営するために必要な情報が得られます。

2018年9月6日に「新サーチコンソール」がデフォルト表示されるようになりました。

当分、旧サーチコンソールも使える状態だろうと思います。

ですが、新サーチコンソールの方が便利なので、
こちらを使えるようになった方が良いでしょう。

サーチコンソールへの登録

サーチコンソールは、Googleのサービスです。
なので、Googleアカウントが必要になります。

こちらから、Googleアカウントの作成をして下さい。
>>Google アカウントの作成

そして、サーチコンソールに訪れます。

旧サーチコンソールなら、「新しいSearchConsoleを使用する」をクリック。

左サイドバーの一番上「プロパティの追加」をクリック。
登録したいブログを記入して、「続行」をクリック。

「所有者の確認」のポップが出てきます。

スクロールを下に下げて、「その他の確認方法」の中のHTMLタグをクリック。

出てきた「メタタグ」をコピー。

コピーした「メタタグ」をブログの「header.php」にペーストします。

WordPressのサイドバー「外観」の「テーマの編集」をクリック。
テーマファイルの中の「header.php」をクリック。

「header.php」内の<head>の下に、「メタタグ」を貼り付けます。

「ファイルを更新」をクリック。

「所有権の確認」に戻ってきて、「確認」をクリック。

すると、「所有権を確認しました」と出ます。

「プロパティに移動」をすると、
登録したブログをサーチコンソールで使えるようになります。

サーチコンソールの使い方

初めて見る管理画面に、混乱するかもしれませんが、
意外と項目が少なく、直感的に操作できるので慣れるのも早いでしょう。

「サマリー」をクリックすると、

  • 検索パフォーマンス
  • 対象範囲
  • 拡張

の簡易グラフが表示されます。
「レポートを開く」で、それぞれ詳細へ飛びます。

検索パフォーマンス

検索パフォーマンスで、登録サイトの詳細が見れます。

検索パフォーマンスでは、

  • 合計クリック数
  • 合計表示回数
  • 平均CTR(クリック率)
  • 平均掲載順位

これらのパネルをクリックすると、
それぞれの数値とグラフが表示されます。

日付のフィルターで、指定した期間を比較したりもできます。
期間は、16ヶ月前までのデータを見ることができます。

クエリ(ユーザーが検索したワード)をクリックすると、
そのクエリの詳細を数値とグラフで見ることができます。

他にも、ページでだったりデバイスなど、
見やすくて、直感的に操作ができますね。

URL検査

URL検査は、検索窓に「検査したいURL」を入れると、
そのURLのインデックス状況が確認できます。

URLを入れて検査すると、インデックス状況によって、
画面に表示される説明が変わります。

上記のように、インデックスされていれば、

URLはGoogleに登録されています

と表示されます。

ですが、インデックスされていない場合や、
何かしらの問題が起こっている場合は、エラーとして表示されます。

説明されている問題を解決する必要があります。

インデックス

対象範囲

もしインデックスエラーがあった場合、
なぜインデックスされなかったのか、その原因を見つけることができます。

サイトマップ

sitemapのURLを「送信」すると、Googleにサイトマップが送信されます。

拡張

モバイルユーザビリティ

モバイルフレンドリーページのエラー・有効が表示されます。

手動による対策

手動による対策

登録ブログが「手動ペナルティ」になっていないかチェックできます。

リンク

登録ブログの外部リンク・内部リンクを確認できます。

設定

登録ブログの「所有権の確認」「ユーザーと権限」を確認できます。

新サーチコンソールで「Fetch as Google」をする

「Fetch as Google」というのは、
ブログを読み取る「クローラー」を呼ぶことができる機能です。

ブログ記事を早くインデックスしたい時に使います。

旧サーチコンソールには、「Fetch as Google」という項目がありました。
ですが、新サーチコンソールにはないみたいです。

新サーチコンソールでは、「URL検査」でクローラーを呼ぶことができます。

左サイドバーで、クローラーを呼ぶブログを決定して、
「URL検査」をクリック。

上部の検索窓に「URL」を記入します。

「インデックス登録をリクエスト」をクリック。

1~2分かかりますが、待っていると、
「インデックス登録をリクエスト済み」と表示されます。

かつての「Fetch as Google」は、
「URL検査」で出来るようになりました。

最後に

サーチコンソールに登録すれば、
ブログの様々なデータを確認することができます。

中でも、クエリ(ユーザーの検索ワード)が見れるのは大きいです。

エラーが起きても、すぐに対応できるようになりますし、
資産ブログを作るなら、登録しておくべきですね。

※表示の仕方や機能が異なる可能性があります。

 
 
 

ネットビジネスで稼ぐための方法を、
トキオ・メルマガ無料)」で、公開しています!!

今だけ、メルマガ特典も付きます♪

↓まだ「準備中」ですが、登録することはできます。
トキオ・メルマガ

 

-資産構築

Copyright© トキオブログ , 2018 All Rights Reserved.