トキオブログ

ネット上に仕組みを構築して【資産を作る】・・・そして、自動化へ

仕事・お金関連

フリーターの老後って大丈夫なの!?

投稿日:

トキオです。

近年、定職に就かずにフリーターとして働いているという人がとても多くいます。

フリーターで働いている人の多くが、
「自分の老後は大丈夫なのだろうか」と不安に思っている人も多いですよね。

実際にフリーターで老後を送る事は、可能なのでしょうか。
また、現在フリーターの場合に気をつけなければいけない点は、一体何でしょうか。

今回は、フリーターにまつわるお金事情についてご説明します。

フリーターでも老後は大丈夫なの?

現在、フリーターの人がとても多く増えています。

フリーターでも一生やっていけるのではないか、フリーターでも大丈夫だろうと思っている人もいますよね。

本当にフリーターでも、老後は大丈夫なのでしょうか?

そこでフリーターの将来について調べてみたところ、
フリーターの場合は、現実はかなり厳しいと言わざるを得ないです。

実際、高齢になるほど受け入れてもらえるバイト数が極端に減ります。

アルバイトを辞めた後に年金に頼る人も多いのですが、
フリーターが受け取る国民年金は、とても低いのが現状です。

国民年金だけでは、生活していくのが困難なのです。

また、歳を取ると身体がガタを起こすようになり、
働くのが困難になってしまい、心身ともに疲れ果ててしまったという人も多いです。

フリーターと正社員の生涯賃金の差は?

気になるお金事情ですが、実際に「フリーター」と「正社員」の生涯賃金の差はどのぐらいなのでしょうか。

そこで、「フリーター」と「正社員」の生涯賃金の差を比較してみました。

  • 正社員・・・約2億円弱

  • 大卒正社員・・・約2億5000万

  • 社員1000人以上の大企業正社員・・・約3億円強

  • フリーター・・・約6000~8000万円

※これらはあくまで平均値です。

やはりフリーターと正社員では約3倍、人生3回分の収入の差があるということが分かりました。

また、正社員には毎月の住宅手当や家族手当、通勤手当など、
各種様々な手当を始め、退職金などの制度もあるため、フリーターとは大きな差が出てきます。

老後の生活に必要なお金はいくら?

気になるのが、老後の生活に必要なお金です。
フリーターとは言えども、老後にお金を蓄えておかなければいけないですよね。

そこで、老後の生活に必要なお金について調べてみたところ、

一般的に、老後生活に必要なお金は約7000~8000万で、老後貯金として約3000万円が必要になってくることが分かりました。

また、これに病気などを考慮すると、
さらにお金が掛かってしまうということがわかります。

生涯フリーターの場合、老後25年生きるとして4500万の生活費が必要です。

フリーターが受け取れる国民年金の平均月額支給額は、約5万円程度しかないです。

その事を考えると、やはりフリーターでは将来は絶望的であるということがわかります。

老後を心配しなくても大丈夫になる!?ネットの仕事とは?

フリーターで老後を考えるとなるとやはり厳しいものがあります。
今からでも貯金をしておかないと、間に合わないという状況です。

今、フリーターでいる人やこれからフリーターとして生きていく事を考えている人は、今一度考え直してみることをオススメします。
 

ずっとフリーターでいることは、何かと楽かもしれません。
ですが長い目で見ると、フリーターの老後は非常に厳しいです。

そのために、新しい収入源を手に入れる必要があります。

フリーターをしながらでも出来て、
大きく稼げる可能性があるのが、ネットビジネスです。

ネットビジネスは、ネット上に資産を構築することもできます。
あなたが寝ていても、資産が代わりに働いてくれるのです。

そして、毎月手放しでも収入が発生します。

ネットビジネスで稼ぐための方法を、
トキオ・メルマガ無料)」で、公開しています!!

今だけ、メルマガ特典も付きます♪

↓まだ「準備中」ですが、登録することはできます。
トキオ・メルマガ

 
 
 
 
 

-仕事・お金関連

Copyright© トキオブログ , 2018 All Rights Reserved.