コピーライティング

「QUESTの法則」消費者心理の流れに沿った、反応が良い文章の型!

更新日:

トキオです。

セールスレターやレビューなどを書く際、
何をどこから書いたら良いか、わからなくなりますよね。

ですが、すでに反応の取れる「文章の型」があります。

今回は、消費者心理の流れに沿った、反応が良い文章の型「QUESTの法則」についてです。

「QUESTの法則」とは?

  • Q(Qualify)・・・宣言
  • U(Understand)・・・理解・共感
  • E(Educate)・・・教育
  • S(Stimulate)・・・興奮
  • T(Transition)・・・行動

Q→U→E→S→Tの流れに沿って書いていきます。

主にセールスレターに使われることが多く、
「消費者心理」の流れに沿った文章を書くことができます。

コピーライティングにおいて、「世界で最も反応が取れやすい型」といわれ、
この型に当てはめていけば、大きな失敗もなくレターが作れます。

Q(Qualify)・・・宣言

LPでいうところの一番上のヘッドコピーの部分です。
ユーザーに「あなたの悩みを解決できます」と宣言します。

「宣言する」ことによって、興味ある人以外を離脱させるとともに、
レターを読むべき人に、問題を自覚させるようになります。

ここで、「このレターは、あなたのために書かれたもの」と伝えて、
商品を購入する見込み客だけに絞り込みます。

U(Understand)・・・理解・共感

ここでは、ユーザーの悩みを理解・共感していることを伝えます。
そして、信頼をしてもらい、親近感を抱いてもらいます。

よく使われるのが、「昔、私もそうでした…」という、
共感されるストーリーを入れるものです。

ユーザーと痛みを分かち合い、悩みを強調して、
抱える問題をより自覚してもらうようにします。

E(Educate)・・・教育

この段階で、「商品・サービス」の詳細を書きます。

この商品が、ユーザーの悩みを解決できるものであり、
ライバル商品よりも、いかに優れているかを伝えます。

箇条書きで商品の内容をアピールしたり、
客観的なデータやお客様・体験談の声なども入れていきます。

この段階では、まだ商品を売り込まず、
商品の価値を伝えることに徹します。

S(Stimulate)・・・興奮

ここでは、商品を使った先にある「ベネフィット」を書きます。
※ベネフィット・・・ユーザーが得られるメリット・明るい未来

この商品を手に入れたら、こんなに素晴らしい未来がまっています。
という風に、購買意欲を刺激する内容にします。

初回特典などの限定性・希少性や、
返金保証など、不安要素を潰したりしていく。

また、商品を購入しない事によるデメリットなど、
マイナスな未来も一緒に見せたりもします。

T(Transition)・・・行動

商品を購入してもらうために、最後の一押しをします。

ここで、購入リンクが分かりにくいと、それまでがムダになってしまいます。

「お申込みはこちら」「購入はこちら」など、
購入できるリンク」を明確にして、行動を促します。

「QUESTの法則」はいつ使う?

QUESTの法則は、ユーザーが解決した悩みや欲求を、
ある程度理解していて、その解決策を探している。

そのようなユーザーに向けて書くと良い「文章の型」です。

そのため、PASONAの法則と比べて、どちらかというと、
ユーザーの「悩み・欲求の度合いが高い」場合に向いています。

よりピンポイントな問題を抱えている人向けの型ですね。

最後に

この「QUESTの法則」に当てはめていくだけで、
反応の良いセールスレターやLPを書く事ができます。

QUESTの法則は、世界中で使われている型であり、
この型の通りに書いていけば、大きく外すことはありません。

QUESTの法則に当てはめながら、違和感のない文章を書く事で、
ユーザーに刺さる素晴らしいセールスレターになります。

 
 
 

ネットビジネスで稼ぐための方法を、
トキオ・メルマガ無料)」で、公開しています!!

今だけ、メルマガ特典も付きます♪

↓まだ「準備中」ですが、登録することはできます。
トキオ・メルマガ

 

-コピーライティング

Copyright© トキオブログ , 2018 All Rights Reserved.