マインドセット

「パレートの法則」20%の要素が全体の80%を生み出している!

更新日:


 

トキオです。

ブログ運営をしていて、アクセス数を見てみると、
「アクセスが多い記事」と「そうでもない記事」に分かれます。

大体、20%がアクセスが多くて、後の80%がそうでもない記事です。

私は複数のブログを運営していますが、全部のブログがその傾向にあります。
・・・これは、「とある法則が発動」していたのです。

今回は、20%が80%を生み出す「パレートの法則」についてです。
 

パレートの法則とは?

パレートの法則は、「20%の要素が全体の80%を生み出している」という、
マーケティングなどの様々な分野で、応用されている考え方です。

20対80の法則、ニハチの法則とも呼ばれます。

  • 全顧客の上位20%が売上げの80%を占める

出典:https://www.weblio.jp/content/%E3%83%91%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

パレートの法則で、物事の割合は「20:80」に分かれます。

100記事で月1000PVのアクセスがあるブログ」に応用すると、

ブログの20記事が月800PVを生み出している
(ブログの20%の記事が80%のアクセスを生み出している)

ということになります。
逆で見ると、

ブログの80記事が月200PVを生み出している
(ブログの80%の記事が20%のアクセスを生み出している)

ということになります。
 

パレートの法則を「ブログ運営」に応用する

パレートの法則を「ブログ運営」に応用してみます。

ブログの中で、80%を生み出している20%の記事はどれなのか?
これを、知るために「jetpack」や「Googleアナリティクス」で確認する。

その上位20%の記事の露出を増やす(SNSや広告を打つ)、
または、記事をブラッシュアップさせるなどの対策で、アクセスを増やせます。

また、上位20%に近い記事・関連する記事を増やせば、
さらにアクセスを呼び込むことができるようになる。

上位20%を伸ばせば、アクセスの大部分(80%)を大きく引き上げることができます。
 

「ブログ運営」に応用する際の注意点

上位20%は重要ですが、残り80%が不要というわけではありません。

ブログの場合、アクセスを集めるばかりが記事の役目ではないからです。

上位20%の記事は、アクセスを集めるので伸ばすのがいいです。
ですが、80%の記事もブログ内で重要な位置にある記事もあります。

アクセスを集めないけれど、ユーザーにとってためになる記事です。
その記事があることによって、「このブログの記事をもっと読んでみよう♪」と思ってもらえる。

1ユーザーがブログ内を回遊して、記事をたくさん読んでくれたら、
ページセッションや滞在時間も増えるため、ブログが評価されるようになります。

ブログが評価されるようになったら、検索上位に上がっていく。
検索上位に上がっていったら、80%の記事もアクセスを集められるようになる可能性があります。

結果、全体的に大きく底上げされるわけですね。
そのため、ユーザーにとってためになる記事は残しておくべきです。

また、SEOは相対的評価なので、80%の記事を切ってしまうと、
ブログ自体が評価されなくなる可能性もあります。

Googleアルゴリズムは公開されていないため、
ブログのどの部分がどれくらい評価されるかは分かりません。

ですが、80%の中でアルゴリズムに評価される箇所があった場合、
全体的なブログの順位が下がるかもしれないのです。

ユーザーのためになっていない記事は、削除した方がいいでしょう。
ですが、アクセスが来ないという理由で削除するのは、時期尚早です。
 

80%の部分を捨てた方がいいケース

ブログ運営の場合、80%を捨てるのは得策ではないです。
ですが、80%を捨てた方がいいケースもあります。

・あなたの抱えている悩みの80%は、忘れたとしても問題ない
(本当に解決するべきなのは、20%の悩み)

・あなたの人間関係の80%は、切っても問題ない
(一緒に付き合うべき人は、20%の人)

・あなたが持っている本の80%は、読まなくてもいい本
(時間を使って読むべき本は、20%の本)

・あなたが登録しているメルマガの80%は、読者解除してもいいメルマガ
(送られてきて読むべきメルマガは、20%のメルマガ)

・あなたが仕事に費やす時間の80%は、結果に繋がっていない
(仕事のムダを省いていき、20%に注力する)

「捨てる」といっても、そう簡単にいかないかもしれません。
ですが、パレートの法則でいえば、捨てた方がコスパが良くなります。

「80%」も「20%」を生み出しているわけですが、そんなに大差はないです。
最も重要な「20%」に目を向けて、生活していくようにします。
 

パレートの法則と「時間」

パレートの法則の「20:80」を1日の時間に当てはめてみます。
 

24時間×0.2%=4.8時間

 

1日の中で、約5時間が80%の結果を生み出しています。
1日の内、約5時間を集中して取り組むようにすれば、進むスピードも早くなります。

1日の作業の中で、80%の結果を出しているのを見つけて、
その20%の作業を、中心にやっていくのが良いですね。
 

最後に

「80%」を生み出している「20%」に、
さらに、「80%」を生み出す「20%」を足せば、

結果は倍の「160%」になります。

単純計算ですが、このようにムダを省いていくと、
やるべき事が、どんどん磨かれていきますね。

「80%」のムダな部分のエネルギーを「20%」に注力する。

これができると早い段階で、大きな結果が出せるようになります。

-マインドセット

Copyright© トキオブログ , 2019 All Rights Reserved.