コピーライティング

「OATHの法則」ユーザーの心理状態でアプローチが変わる!

更新日:

トキオです。

ブログで商品を紹介したり、販売する時、
購入するユーザーは、どのような状態の人なのか?

その状態によって、アプローチの仕方が変わってきます。

そのユーザーの心理状態を、4つに分類した法則があります。
それが、「OATH(オース)の法則」です。

今回は、ユーザーの心理状態を4つに分類「OATHの法則」についてです。

「OATHの法則」とは?

  • O(Oblivious)・・・無知(問題に気づいていない)
  • A(Apathetic)・・・無関心(問題には気づいている)
  • T(Thinking)・・・考え中(問題に気づいて、考えている)
  • H(Hurting)・・・苦痛(問題に気づいて、苦痛を感じている)

O→A→T→Hの順番で、問題への意識が強くなっていきます。

この4つの分類の内、どこの状態に当てはまるかで、
ユーザーへのアプローチの仕方が変わってきます。

そのユーザーに適したアプローチの仕方をすれば、
あなたの紹介する商品が売れやすくなります。

O(Oblivious)・・・無知

自分の抱える問題に気づいていない状態です。

問題に気づいていないため、関連の商品についても知らないです。

この状態にいる人にアプローチするのは、
とても難しく、時間と労力がかかります。

まずは、問題に気づいてもらってから、
それから、商品の説明などをしていく必要があります。

A(Apathetic)・・・無関心

自分の抱える問題に気づいていて、でも解決するつもりがない状態です。

問題に気づいていますが、解決の必要がないと思っています。

この状態にいる人に、アプローチするには、
まず、問題に関心を持ってもらうようにします。

問題を具体的に説明したり、放置の危険性など、
すぐに解決する必要があることを伝えます。

T(Thinking)・・・考え中

自分の抱える問題に気づいていて、どうしようか考えている状態です。

どうすれば解決できるのか?どんな方法があるのか?
情報を探している状態ですね。

この状態にいる人にアプローチするのは、
解決する方法や商品があることを伝えます。

何をどのように解決できるのか?どの商品がいいのか?
購入に近い状態の人で、アプローチするべき人でもあります。

H(Hurting)・・・苦痛

自分の抱える問題に気づいていて、すぐ解決したいと困っている状態です。

商品のことも知っていて、すぐにでも購入したいと思っています。

この状態にいる人にアプローチするのは、
解決できる商品を、すぐに提示してあげます。

今すぐに解決したいと思っているため、商品を購入しやすいです。
Tと同じく購入に近い人なので、とてもアプローチしやすいです。

最後に

商品・サービスというのは、何かしらの問題解決をするためにあります。

そのため、「O」と「A」にアプローチするのは、
「問題の認識・解決の必要性」が必要なため、難易度が高いです。

また、どの状態の人に商品を紹介するかで、文章量も変わってきます。

「O」と「A」は、購入まで遠いためアプローチも長くなり、
「T」と「H」は、購入まで近いためアプローチも短くなります。

訪れるユーザーが、どんな心理状態でいるのか?
「OATHの法則」を知って、適したアプローチをしていきましょう。

 
 
 

ネットビジネスで稼ぐための方法を、
トキオ・メルマガ無料)」で、公開しています!!

今だけ、メルマガ特典も付きます♪

↓まだ「準備中」ですが、登録することはできます。
トキオ・メルマガ

 

-コピーライティング

Copyright© トキオブログ , 2018 All Rights Reserved.