Googleアドセンス

Googleアドセンスの禁止キーワード・NG画像一覧表まとめと注意点

更新日:

トキオです。

アドセンスには、ルールがあります。
そのルールを違反してしまうと、アカウント停止になってしまいます。

中でも、警告が来やすいのが「禁止キーワード・NG画像」です。

せっかく審査に合格して、これから稼ごうと思っても、
アカウント停止になってしまっては、泣くにも泣けないですよね。

今回は、Googleアドセンスの禁止キーワード・NG画像についてです。

アドセンスを貼っていいブログの特徴とは?

ポリシー違反にならないブログ=アドセンスを貼っていいブログ

それは、どんなブログなのでしょうか?



答えは、「子供に見せられるブログ」です。

子供が見ても大丈夫。
そんな健全なブログであれば、ポリシー違反になりません。

Googleアドセンスの禁止キーワード・NG画像一覧表

アドセンスは規約が厳しくて、守れないアカウントは、
すぐに「警告」「アカウント停止」などの処置がなされます。

中でも多いのが、記事内の文章に、
「NG・禁止ワード」が含まれているケースです。

悪気はなくて、気づかずに入れていたキーワードが、
実はアドセンスポリシー違反だった・・・ということもあります。

そうならないためにも、「禁止キーワード・NG画像」を知っておくべきです。

それでは、一つずつ見ていきましょう。

アダルト系キーワード

「NG・禁止ワード」と聞いて、真っ先に思いつくものですね。

アダルト・エロ関連のキーワードは、確実に警告が来ます。
「引っかかるかな?」と少しでも思ったら、そのキーワードは避けるべきです。

動物などの「交尾」でも引っかかる可能性があり、
S◯X・セッ◯スなどの伏せ字もアウトなので、注意してください。

性的な事を想像・連想させるキーワードは、とにかく避けましょう。

暴力的系キーワード

過激で暴力的な、犯罪に近いキーワードもNGです。

ヤクザ、暴力団、兵器、銃、
殺人、自殺、殺す、死ぬ、死亡、死体などもダメです。

どうしても使わざる負えない場合は、別の言い方にします。
例:死ぬ → 亡くなった、逝去

他にも、ニュースで使われるような単語も避けた方がいいです。
例:事件、虐待、監禁など。

暴力的であり攻撃的と感じるキーワードは、避けましょう。

アルコール、嗜好品系キーワード

お酒やタバコに関する事は、禁止されています。

日本では、お酒やタバコは20歳からのため、
子供が興味を持ってしまうような書き方はダメです。

お酒好きな人も多く、うまいビールについてなど書きたい人もいると思います。
ですが、警告がくる可能性が高いので、書かないほうが無難です。

ちなみに、ノンアルコールはどうなのかというと、
これもまた、お酒に関するものなのでNGです。

ドラッグ、薬物系キーワード

アルコールやタバコが駄目なので、
当然、ドラッグ関連も禁止キーワードです。

「ドラッグ」「薬物」「麻薬」、他にも具体的なドラッグ名。

たとえ、反ドラッグの情報だとしても、
それを入れてしまうと、警告がくる可能性があります。

でも、「薬」とだけであれば、大丈夫かもしれません。
少なくとも、私は大丈夫でした。

ギャンブル系キーワード

アドセンスは、稼ぐ系の紹介と併用がNGです。
情報商材やポイントサイトなど。

では、ギャンブル系のキーワードはどうなのかというと、
公営ギャンブルに限って、大丈夫とされています。
(規約変更があるかもしれないので注意が必要)

公営ギャンブルは、

  • 競馬
  • 競輪
  • 競艇
  • オートレース
  • パチンコ
  • スロット
  • 宝くじ

パチンコなどは、どちらかというと、
ゲームセンター的な立ち位置なのかもしれないですね。

禁止となるのは、「(オンライン)カジノや違法賭博」です。
これらのサイトへリンクを送っていても、ポリシー違反になります。

ギャンブルは、許可されているかどうかが判断基準ですね。

差別的表現系キーワード

「レズ」や「ゲイ」など性差別に繋がるものは、
代わりに「同性愛者」などのキーワードを使いましょう。

他にも、宗教、人種、しょうがい者に関することは、
差別に繋がってくるため、注意が必要です。

個人を特定できるようにしたり、攻撃する内容もダメです。

誘導系キーワード

「アドセンスをクリックお願いします」
などと記述すると、確実に警告が来ます。

アドセンスは広告がクリックされる度に、広告主がお金を支払っています。

広告主が広告を出す理由が、自社商品を売りたいからです。
なのに、見込み客でない人が広告をクリックしても無駄ですよね。

これを誘導するのは、当然に禁止されています。

また、「悪気がないのに誘導になっていた」
というケースもあります。

私もこれをしたことがあり、すぐに警告がきましたね。
アドセンスの近くに、内部リンクを誘導していたんです。

アドセンス広告
 

詳細は→コチラ
 

・・・みたいな感じです。

アドセンス広告の下に、何か記述したい場合は、
「横線」などを入れるか、スペースを開けるようにした方がいいですね。

いつもポリシー遵守でいて、悪気はないとしても、
結果的に誘導になっていたら、ポリシー違反となるので注意!

禁止キーワードとしては、

「クリックしてください」

というようなことは、一切書かないようにしましょう。
パソコンの使い方などのページで、気をつけたいですね。

芸能人の画像

芸能人の画像を使っているブログは多いです。
ですが、人の顔にも著作権はあるため、芸能人の画像はMGです。

これは、アドセンスから警告がくるというより、
芸能人の所属する事務所から、削除依頼がくるケースですね。

特に、その芸能人を誹謗中傷する記事だと、
画像・記事に関わらず、逮捕される可能性もあります。

アドセンスポリシーだけでなく、人としてのポリシーの問題です。

一般人の画像

芸能人はダメでも、一般人の画像はどうなのか?
一般人の画像でも、肖像権があるためNGです。

事件・事故などに関係する人の画像も貼らないほうがいいですね。

人物の画像を使いたいなら、フリー素材のものを使うようにしましょう。

アダルト系の画像

これは、キーワードもそうですが、当然NGです。
ヌードや局部が見えていると、男女関係なく駄目です。

また、グラビアなどの水着の画像も警告が来ます。

とにかく、肌の露出が多いものは避けるようにした方が得策です。

ディズニー系の画像

ディズニーは、著作権が厳しいことで有名です。

ディズニー関連が好きな人も多く、使いたいとは思いますが、
画像を使うのは、止めておきましょう。

まとめ

審査に合格して、稼いでいこうと思ったのに・・・。

そうならないためにも、アドセンスのルールは知っておくべきです。
参考:AdSenseプログラムポリシーを遵守しているか

私のところにも警告が来て、「これダメなのか~」と思ったりしました。

でも、小学生に見せれるかといえば、
「・・・見せれないなぁ」と今は思いますね(汗

「禁止キーワード・NG画像」の基準は、「子供に見せられるかどうか」です。

そして、「それが違法かどうか」です。

記事を書き終えた後にも、しっかり確認して、
ポリシー違反にならないようにしたいですね。

 
 
 

ネットビジネスで稼ぐための方法を、
トキオ・メルマガ無料)」で、公開しています!!

今だけ、メルマガ特典も付きます♪

↓まだ「準備中」ですが、登録することはできます。
トキオ・メルマガ

 

-Googleアドセンス

Copyright© トキオブログ , 2018 All Rights Reserved.