資産ブログのためのプラグイン

【Google XML Sitemaps】サイトマップを作り、検索エンジンに認識してもらう!

更新日:


 

トキオです。

ブログの主な集客先は、「検索エンジン」です。

そのために、検索エンジンにブログの存在を知ってもらわないとならないんですね。

そのブログの存在を知ってもらうには「クローラー」という、
世界中のWEBサイトを巡回しているロボットに、来てもらうなければなりません。
 

あなたのブログをクローラーが巡回するために、
XMLサイトマップ」を作っておく必要があります。

そのXMLサイトマップを自動で作ってくれるプラグインがあります。

今回は、クローラーに巡回して検索エンジンに認識してもらえる【Google XML Sitemaps】についてです。
 

Google XML Sitemapsの概要

Google XML Sitemapsは、XMLサイトマップ作成でとても有名なプラグインです。

ブログの存在を検索エンジンに知ってもらうためには、
XMLサイトマップを通知する必要があります。

ブログ記事を更新していくと、ブログのサイトマップが変更されます。
その変更されたサイトマップを、手動で通知していては面倒です。
 

Google XML Sitemapsを使うと、自動でサイトマップを作ってくれて、
さらに通知もしてくれるため、ブログ運営には必須のプラグインです。

【Jetpack by WordPress.com】もサイトマップを作成できますが、
私が使用した時はエラーが出てしまいました。(原因不明)

なので、XMLサイトマップに特化したプラグインを推奨しています。

※バージョン違いで表示の仕方や機能が異なる可能性があります。
※使用の際は、自己責任でお願いします。
 

Google XML Sitemapsの使い方

まずは、プラグインの追加で「Google XML Sitemaps」を検索。
そして、「今すぐインストール」→「有効」をします。

サイドバー「設定」のXML-Sitemapsをクリック。

赤い矢印のところが、あなたのブログのXMLサイトマップです。
これを「サーチコンソール」に登録して、クローラーに巡回してもらうようになります。

クリックしてみると、このようなページが表示されます。

実際にサーチコンソールに登録して通知すると、以下のような記述になります。

下へスクロールすると、いろいろと設定がありますが、
基本的にデフォルトのままで大丈夫です。
 

最後に

XMLサイトマップを作っただけでは、まだ終わりではないです。

サーチコンソール」にXMLサイトマップを登録をして、
ブログを巡回してもらうようにします。

そして、検索エンジンに認識・インデックスしてもらい、検索結果に表示されるようになります。

 

 

ネット上に資産を作って、
毎月の定期収入を手に入れたいなら・・・▼








-資産ブログのためのプラグイン

Copyright© トキオブログ , 2019 All Rights Reserved.