資産構築

「Googleが掲げる10の事実」SEO対策に必要なことが全て記されている!

更新日:

トキオです。

検索エンジンで集客するには、検索上位に入る必要があります。
その検索上位に入るために「SEO対策」をします。

このSEO対策は、「Googleが掲げる10の事実」を元にやっていくものです。

今回は、SEO対策に必要なことが全て記されている「Googleが掲げる10の事実」についてです。

「Googleが掲げる10の事実」

Googleが掲げる10の事実

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

3. 遅いより速いほうがいい。

4. ウェブ上の民主主義は機能します。

5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。

7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。

8. 情報のニーズはすべての国境を越える。

9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。

10. 「すばらしい」では足りない。

出典:Googleが掲げる10の事実

Googleは、「広告収入」が主な収益です。
ユーザーが検索エンジンを使わなくなると困ります。

そのため、Googleは「ユーザーファースト」を掲げています。
つまり、ユーザー第一主義ということです。

検索上位に上がるためには、ユーザーのためになるコンテンツ
これが「第一条件」なんですね。

ユーザーが良いと思わないものは、検索上位に上がらない。

検索順位を決めているのは、Googleのアルゴリズムです。

なので、この「Googleが掲げる10の事実」を読めば、
どんなSEO対策をすればいいかが分かります。

それぞれ、一つずつ見ていきましょう。

1.ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Googleが目指しているのは、ユーザーが「Google検索エンジン」を使うことです。

ユーザーに「検索して良かった」と思ってもらいたい。
そうじゃないと、検索エンジンを使わなくなってしまいます。

そのため、検索結果もユーザーのためになっている必要があります。

この項は、

「ユーザーが求めているブログを検索結果で上位表示させる」

という事でしょう。

2.1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

  • 広くても浅い情報を発信しているブログ
  • 狭くても深い情報を発信しているブログ

これのどちらが評価されるかというと、後者です。

広くカバーすることは、すでにGoogleが実現していることです。
Googleが望むのは、深くて専門性の高い記事なんですね。

その分野が知りたいユーザーに、どれだけ深い情報を提供できるか。

この項は、

「ごちゃまぜブログよりも、特化した専門性の高いブログを評価する」

という事でしょう。

3.遅いより速いほうがいい。

ユーザーは、ムダな時間を過ごしたくないと思っています。

ブログのページ表示の速度を早くすることと、
情報は分かりやすく書かれるべきだ、という事です。

アクセスしたとしても、なかなか読み込まずに、
ユーザーが待たされるブログは評価されません。

また、読みにくくて、ストレスが溜まり、
時間を取られるような文章のブログも評価されません。

この項は、

「ユーザーの時間を取らせるブログは評価しない」

という事でしょう。

4.ウェブ上の民主主義は機能します。

民主主義というのは、「多数決」で物事を決めるという事です。

この場合の多数決とは、ユーザーのブログへの評価です。

アクセス数や滞在時間、ページセッション。
評価の高いブログ・サイトからの被リンク。

これらの良い評価を受けているブログを評価するという事ですね。

この項は、

「ユーザーの評価が高くて多いブログを上位表示させる」

という事でしょう。

5.情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

いまやパソコンだけでなく、スマホやタブレットでも、
インターネットができるようになりました。

パソコンだけでなく、他のデバイスでも表示できるようにした方がいいですね。

この項は、

「スマホ・タブレットなど他のデバイスに対応するべき」

という事でしょう。

6.悪事を働かなくてもお金は稼げる。

昔、ペラペラなサイトを作って、被リンクを送り、
上位表示させる「ブラックSEO」というものが流行りました。

今、そういうサイトは、アルゴリズムで排除されるようになっています。

「上位表示できる」でなくて、「お金を稼げる」
というのが、ピンポイントな感じを出してますね。

この項は、

「ユーザーのためのコンテンツであれば、お金は稼げる」

という事でしょう。

7.世の中にはまだまだ情報があふれている。

ネットには、いろんな情報が沢山詰まっています。
ですが、リアルではそれ以上に情報が溢れています。

そして、検索結果に表示されるのは、さらに一部の情報になります。

個人的な体験談や感想など、新しい情報こそ価値があります。

この項は、

「一次情報こそ価値がある」

という事でしょう。

8.情報のニーズはすべての国境を越える。

コンテンツといえば、記事であり「文章」が思いつきます。

ですが、情報は文章だけでなく、
「画像や動画」なども情報としてニーズがあります。

文字は、言語によって読めなかったりしますが、
「画像や動画」であれば、国境を越えて価値が生まれます。

この項は、

「ユーザーのニーズは、言語だけではない」

という事でしょう。

9.スーツがなくても真剣に仕事はできる。

価値あるコンテンツとは、形式張ったものばかりでなく、
「遊び心」や「斬新さ」があることも価値になります。

様式も大事ですが、誰もやったことがないような、
そんなアイデアこそが、ユーザーの求めるものだったりします。

この項は、

「価値というのは三者三様」

という事でしょう。

10.「すばらしい」では足りない。

一度、完成をして「すばらしい記事」になっても、

それでは、足りない。

さらに良い記事にするために、リライト・アップデートをする。

ブログ自体も、修正・改善を繰り返し、
よりユーザーのためになるものを作っていきます。

この項は、

「それで満足せずに、より良いものを作る」

という事でしょう。

最後に

もっと違う解釈をしたという人もいるでしょう。

ですが、一貫してあるのが徹底した「ユーザーファースト」です。

Googleの検索エンジンで上位表示されるには、
検索エンジンを見るのではなく、ユーザーを見ることです。

なぜなら、Googleが見ているのは「ユーザー」ですから。

ユーザーのためになる情報を提供していく。
これこそが、上位表示されるための対策なんですね。

 
 
 

ネットビジネスで稼ぐための方法を、
トキオ・メルマガ無料)」で、公開しています!!

今だけ、メルマガ特典も付きます♪

↓まだ「準備中」ですが、登録することはできます。
トキオ・メルマガ

 

-資産構築

Copyright© トキオブログ , 2018 All Rights Reserved.