仕事・お金関連

フリーターはやばい!?一体、何が悪いのか?

更新日:

トキオです。

世の中には何でも否定したがる人が、とても多くいますよね。

その中でも、

「フリーターは社会のクズ」
「フリーターは終わっている」

という人もいますが、
そもそもフリーターの何がやばいのでしょうか。

また、フリーターの何が悪いのでしょうか。

今回は、フリーターについて詳しく説明をしていきます。

そもそも、フリーターとは?

フリーターとは、15歳から34歳までの若年者で、
アルバイトやパートの勤務形態で働いている人、もしくは働く意志のある無職の人のことです。

フリーターの雇用形態としては、

  • 派遣社員
  • 契約社員
  • パート
  • アルバイト

といった雇用形態で働きます。

紹介予定派遣のような、将来的に正社員での勤務を目指すものまで出てきており、
その形態は様々であるため、現在ではアルバイトでもフリーターと言われている傾向にあります。

また、「正社員として必死に働くなんて嫌だ」「自由が欲しい」
ということから、自らフリーターになるという人も多くいます。

フリーターの何が悪いのか?

フリーターである事を告げると、
馬鹿にしてきたり、否定をしてくる人は必ずいます。

しかし、フリーターの何が悪いのでしょうか。

実際に、フリーターに対して「落ちこぼれ」というイメージを持っている人が多くいます。

フリーターは年齢を重ねるごとに、世間の目が一層冷たくなります。

実際に、フリーターが馬鹿にされる理由としては
「やる気がない」とか「仕事ができない」というイメージが強いため、フリーターは嫌われる傾向にあります。

その他にも、

  • 職歴が弱い
  • 能力がない
  • 使えない

という偏見から、フリーターとは関わりたくないという人もいるのです。

フリーターだからこその強みもある!?

フリーターだから、全てがダメというわけではないのです。
フリーターだからこその強みがあることをご存知でしょうか。

そもそも小売業界や飲食業界は、フリーターなしでは回らないといっても過言ではないのです。

実際、非正規雇用者に頼り切っている会社や業界は、とても多くあります。

フリーターなしでは、存続できない会社も多くあるでしょう。
そういった会社では、フリーターの人を多く雇う傾向にあります。

その他にもフリーターは正社員とは違って、ある程度の自由があります。

そのため、休みたい時に休み、
正社員とは違い、用事がある場合は比較的に休みやすくなります。

これらは、フリーターだからこその強みといっても、いいのではないでしょうか。

フリーターだけの収入で不安なら、この仕事をするべき!

まだまだ、フリーターを否定する傾向が強い世の中です。
ですが、フリーターだからこそできる事がとても多くあります。

「フリーターだから悪い」「フリーターは嫌だ」という人もいますが、
「フリーターでいたい」「フリーターじゃないとダメだ」という人も多いです。

「フリーターで良いのだろうか・・・?」
と思っている人は、別に落ち込む必要は一切ないのです。
 

といっても、フリーターだけでは、
収入面で不安がありますよね。

そのため、他の収入源を見つけることが大切です。

インターネットとパソコンがあれば、自宅でできる仕事。
それが、ネット上に資産を作るネットビジネスです。

自分のペースで作業をしていくことが可能なので、
フリーターをしながら、進めていくことができます。

資産にもなるため、フリーターや正社員より稼げる可能性もあります。

-仕事・お金関連

Copyright© トキオブログ , 2019 All Rights Reserved.