資産ブログのためのプラグイン

【Classic Editor】WordPress5.0以前のエディターに戻す!

更新日:


 

トキオです。

WordPressは、バージョンアップごとに進化しています。

これは、WordPressの使用者が使いやすく、
そして、安全にブログ運営ができるようになるためです。

ただ、バージョンアップで仕様を変更することによって、
以前からの使用者には、使いづらいということも出てきます。

かといって、バージョンダウンするわけにもいきません。

そんな時は、プラグインを使うことによって、
前のバージョンに戻すことが出来たりします。

今回は、WordPress5.0以前のエディタに戻す【Classic Editor】についてです。
 

Classic Editorの概要

WordPress5.0以降、投稿画面のエディターが、
「Gutenberg(グーテンベルク)」という形になりました。

「ブロックエディター」とも言われます。

正直、私はこの「グーテンベルク」、使いづらいです。

というより、前の方を使っていたので、
突然の変化に、戸惑っている感じです。
 

ですが、プラグインを使うことで、
前のバージョンに戻すことができます。

そして、「AddQuicktag」や「WP QUADS」など、
エディターに関するプラグインも継続して使えるようになります。

グーテンベルクでも、エディター関連のプラグインを使えますが、
設定をしたりと、何かと面倒なんですよね。

前のエディターが使い慣れている人も
エディター関連のプラグインが使いたい人も、

この「Classic Editor」を使ってみて下さい。
 

Classic Editorの使い方

まずは、プラグインの追加で「Classic Editor」を検索。
そして、「今すぐインストール」→「有効」をします。

タブ「設定」の「投稿設定」をクリック


 

すべてのユーザーのデフォルトエディターで、

・クラシックエディター
・ブロックエディター(グーテンベルク)

を選ぶことができます。

ユーザーにエディターの切り替えを許可します。で、
投稿内で、エディターの切り替えをすることができます。

ここは、「いいえ」でいいでしょう。
 

Classic Editorは、あくまで暫定対応

前のエディターに戻す、「Classic Editor」は、
グーテンベルクが馴染むまでの、暫定対応といわれています。

つまり、時期が来たら、「更新はしない」ということです。

WordPressは、「グーテンベルクを基本エディターにする」。
そう対応しているようなので、慣れた方が良さそうですね。
 

最後に

新しいエディター「グーテンベルク」。

新しいことは、やはり戸惑いますが、
触っていく内に、慣れていくでしょう。

現時点では、プラグインを使えるようになるためにも、
「クラシックエディター」を入れて、戻した方が良さそうですね。

 

 

ネット上に資産を作って、
毎月の定期収入を手に入れたいなら・・・▼








-資産ブログのためのプラグイン

Copyright© トキオブログ , 2019 All Rights Reserved.