コピーライティング

「BEAFの法則」ユーザーの購買意欲を高める文章の型!

更新日:

トキオです。

購買意欲を高めるのに使える文章の型があります。

それが、「BEAFの法則」です。

これは、テレビショッピングで有名な、
ジャパネットたかたの高田社長も使っています。

シンプルですが、とても効果的な内容です。

今回は、ユーザーの購買意欲を高める文章の型「BEAFの法則」についてです。

「BEAFの法則」とは?

  • B(Benefit)・・・明るい未来
  • E(Evidence)・・・証拠・根拠
  • A(Advantage)・・・競合優位性
  • F(Feature)・・・商品の特徴

B→E→A→Fの流れに沿って書いていきます。

ユーザーの思考の流れを予測して、先回りして情報を提供していきます。

ベネフィットで注目してもらってから、
後の「EAF」で、商品購入のハードルを下げていきます。

ベネフィットの後の「EAF」は、
セールスレターなどに書かれていることが多いです。

B(Benefit)・・・明るい未来

その商品・サービスを購入することで得られる、
ユーザーにとっての「明るい未来」を具体的に伝えます。

ベネフットを明確に伝えることで、購買意欲を高めることができます。

「その商品を購入すれば、どうなるのか?」
文章だけでなく、画像やキャッチコピーなども使うと効果的です。

ユーザーが憧れるような、明るい未来を見せてあげると良いです。

ベネフィットの見つけ方はこちら↓
>>「FABの法則」ユーザーにベネフィット(明るい未来)を伝える!

E(Evidence)・・・証拠・根拠

客観的な「証拠や根拠」を出して、
紹介する商品への信用度を高めていきます。

体験者の声や具体的なデータなど、
説得力のある権威性があると、ユーザーに信用されます。

第三者の意見が入ることで、信用性がUPします。

やはり、ユーザーは「疑問・不安」を抱えています。
それを払拭してあげるために「証拠や根拠」を伝えます。

A(Advantage)・・・競合優位性

他にはない独自性があることを伝えます。

期間限定や先着○○名など、他との差別化をして、
紹介する商品の優位性を高めていきます。

同じような商品がある場合、ユーザーは迷います。
その選択肢を限定するために、こちらの優位性を伝えます。

F(Feature)・・・商品の特徴

紹介する商品の「特徴(スペック)」を伝えます。

商品の中でも、注目するべき部分を紹介して、
ユーザーの商品購入を、後押ししていきます。

ネットビジネスで他社の商品を紹介する場合、
リンク先に特徴が書かれているため、ここは省いてもOKです。

ジャパネットたかたの例

商品:「デジタルムービーカメラ」

  • 明るい未来

「このカメラで、お孫さんの運動会・卒業式を撮ってあげたら喜びますよっ♪」
「撮って帰ったら、このコードをテレビに挿すだけで可愛いお孫さんが、
ほらっ!こんなにキレイに大画面に写ります!」

  • 証拠・根拠

「デジタルムービーカメラは、この時期大人気なんですよ!」
「あの有名なSONYが開発して、多くの方がお買い求めになっています!」

  • 競合優位性

「今日お買い上げいただけたら、〇〇ギガバイトのSDカードと専用ケース、専用ケーブルもお付けします!」

  • 商品の特徴

「このカメラには、手ブレ機能も付いているので、
運動会のリレーの時なんかもキレイに撮ることができます!」
「こんなに遠くからでも、こんなにクッキリと、
可愛い表情が分かるくらいキレイに撮影できます!」

という感じの流れが、高田さんの声を一緒に再生されたでしょう?

最後に

「BEAFの法則」でユーザーの思考を先回りします。

  • ユーザー「おぉ・・・すごく良いじゃん♪」

「明るい未来」を伝えて、購買意欲を高める。

  • ユーザー「でも、ほんとなの???」

「証拠・根拠」を伝えて、信用してもらう。

  • ユーザー「でも、他に似たようなのあるでしょ?」

「競合優位性」を伝えて、紹介する商品の優位性を主張する。

  • ユーザー「でも、どうしようかな?」

「商品の特徴」を伝えて、商品購入の後押しをする。
 

ユーザーの思考を先回りして答えていくと、
テンポよく読んでいってもらい、購入まで進みます。

最も重要なのは、「ベネフィット」です。

その商品を使った「明るい未来」をユーザーに具体的に想像させる。
というのが大事です。
>>「FABの法則」ユーザーにベネフィット(明るい未来)を伝える!

 
 
 

ネットビジネスで稼ぐための方法を、
トキオ・メルマガ無料)」で、公開しています!!

今だけ、メルマガ特典も付きます♪

↓まだ「準備中」ですが、登録することはできます。
トキオ・メルマガ

 

-コピーライティング

Copyright© トキオブログ , 2018 All Rights Reserved.