コピーライティング

「AIDAの法則」ユーザーの商品購入までの心理的プロセス!

更新日:

トキオです。

ユーザーが商品を購入するまで、
どのような心理的プロセスを踏んでいるのか?

これを知っていることによって、
商品購入までの導線を繋げることができます。

セールスレターやレビュー記事など、
この流れになっているため、覚えておいて損はないです。

今回は、ユーザーの商品購入までの心理的プロセス「AIDAの法則」についてです。

「AIDMAの法則」とは?

  • A(Attention)・・・注意(存在を知る)

  • I(Interest)・・・関心(興味関心を持つ)

  • D(Desire)・・・欲求(感情が高まる)

  • A(Action)・・・行動(購入する)

A→I→D→Aの流れに沿っていきます。

AIDA(アイーダ)の法則

ユーザーは、商品の存在を知って、
その商品に興味関心を持ちます。

そして、「所有したい・使用したい」という、
商品への欲求の感情が高まっていきます。

そして、商品を購入する。

ユーザーは、このような心理的プロセスで商品購入をします。

A(Attention)・・・注意(存在を知る)

どんなに良い商品であっても、存在を知られなければ、
それは、無いのと同じなんです。

ネットビジネスでは、ヘッドコピーであったり、
記事タイトルや導入文で、注意を引きます。

ここで大切なのは、いかにユーザーと接点を持てるか?です。
接点を持ち、ユーザーの注意を引くことが第一です。

I(Interest)・・・関心(興味関心を持つ)

注意を引いても、それだけだとユーザーは離脱してしまいます。

そこから更に、「関心」を持ってもらう必要があります。

ユーザーの抱える「悩み・問題」に寄り添い、
解決できる方法があることに気づいてもらいます。

D(Desire)・・・欲求(感情が高まる)

ここで、ユーザーの抱えている悩み・問題。
それを、解決できる商品があることを伝えます。

そして、その商品を購入したい!という、
欲求を高めてもらう必要があります。

そのためには、悩み・問題を解決できる証拠。
実際の体験者の声など、メリットを伝えます。

そして、悩み・問題が解決した「明るい未来」をイメージしてもらいます。

A(Action)・・・行動(購入する)

ユーザーは、商品を購入したいと思っています。

購入できる場所を明確にして、行動を促します。

また、ここで「限定性」や「希少性」などで、
商品購入の後押しをしていきます。

最後に

「AIDAの法則」は、基本の心理的プロセスです。

現代では、商品購入までの心理的プロセスが、
多岐に渡っており、法則性も増えています。

  • AIDMAの法則
  • AIDCAの法則
  • AISASの法則

など、AIDAの法則をベースとしたものがあります。

これ以外にも、法則があるのですが、
最も基本となるのが「AIDAの法則」です。

 
 
 

ネットビジネスで稼ぐための方法を、
トキオ・メルマガ無料)」で、公開しています!!

今だけ、メルマガ特典も付きます♪

↓まだ「準備中」ですが、登録することはできます。
トキオ・メルマガ

 

-コピーライティング

Copyright© トキオブログ , 2018 All Rights Reserved.