Googleアドセンス

Googleアドセンスのキーワード選定の基準と探し方とは?

更新日:

トキオです。

Googleアドセンスで稼ぐには、PV数が必要です。
>>PV(ページビュー)

たくさんのブログアクセスがあり、PV数さえあれば、
ブログにアドセンスを貼るだけで稼ぐことができます。

肝心のPV数というのは、ただ記事を書くだけでは増やせません。

しっかりとキーワード選定をする必要があります。

今回は、Googleアドセンスのキーワード選定の基準と探し方についてです。

キーワード選定の基準

アドセンスブログの集客は、SEO集客が基本です。
>>「SEO集客」検索エンジンから安定した集客をするための対策!

そのため、ユーザーが打ち込む「キーワード」が重要になります。

検索ボリュームがあるキーワードで、検索上位になり、
ブログに集客をして、アドセンス広告をクリックされる。

これが、アドセンスで稼ぐための流れです。

アドセンスブログでの、キーワード選定は、

  • 検索ボリュームのあるキーワード
  • ライバルが強すぎないキーワード

の2点を基準として、意識するようにします。

検索ボリュームのあるキーワード

例えば、ひと月に数回しか検索されていないキーワード。
そんなキーワードを狙っても、アドセンスで稼げません。

そのキーワードで1位になったところで、
ブログに来るアクセスは、数回しかないのです。

アドセンスで稼ぐには、PV数が必要なので、
このような、「検索ボリュームがないキーワード」は選びません。

「検索ボリュームがあるキーワード」を選ぶようにします。

ライバルが強すぎないキーワード

検索ボリュームがあったとしても、
ライバルが強すぎる場合は、避けるようにします。

例えば、

  • 企業のサイト(Amazon、楽天、価格.comなど)
  • 公的サイト(官庁、県庁、市町村などが運営)
  • 大規模なサイト(専門性が高く、SEO対策も万全なサイト)

など。

これらのサイトに勝てるかどうかは、
実際にやってみないことには、分かりません。

ですが、SEOは「記事単体でなく相対評価で決まる」ため、
良い記事を書いたとしても、勝てない可能性が高いです。

キーワードの検索ボリューム(ビッグ・ミドル・スモール)

キーワードの検索ボリュームは、

  • ビッグキーワード
  • ミドルキーワード
  • スモールキーワード

の3つに分けられます。

ビッグキーワード

ビッグキーワードは、検索ボリュームが多く、
月間検索数が「10,000以上」のキーワードのことです。

基本的に、1語キーワードが多いですが、
2語キーワードでも、10,000以上のもあります。

ライバルも多く、順位変動が激しい傾向にありますが、
上位表示されると、大きく稼ぐことができます。

ミドルキーワード

ミドルキーワードは、ビッグとスモールの間で、
月間検索数が「1000~10,000の間」のキーワードのことです。

2語キーワードが比較的多いですが、
1語キーワードでも、ミドルという場合もあります。

アドセンスで稼ぐには、このミドルで上位表示をして、
順位を安定させつつ、アクセス数を稼いでいくようにします。

スモールキーワード

スモールキーワードは、検索ボリュームが少なく、
月間検索数が「1000以下」のキーワードのことです。

2語キーワード以上が多くて、検索意図が具体的です。

ビッグやミドルが絡んでいる場合は、狙ってもいいですが、
そうでない場合は、スモールは避けるようにします。

キーワードの質(ショートレンジ・ミドルレンジ・ロングレンジ)

キーワードの質は、大きく分けると3種類あります。

  • ショートレンジキーワード
  • ミドルレンジキーワード
  • ロングレンジキーワード

それぞれの特性を知っていれば、
キーワード選定もやりやすくなります。

ショートレンジキーワード

ショートレンジキーワードは、
一時的に多く検索されるキーワードのことです。

俗にいう、「トレンドキーワード」というものです。

  • 芸能人、有名人に関すること
  • テレビ番組などの話題
  • 事件、事故などのニュース

など、一時的に話題になって、
検索する人が多くなるキーワードです。

ブログの作り始めなど、初期アクセスが欲しい場合なら、
このショートレンジキーワードを使うといいです。

ですが、アドセンスブログを資産にしたいなら、
このショートレンジキーワードは、メインにしないようにします。

ミドルレンジキーワード

ミドルレンジキーワードは、
数週間~数ヶ月に検索されるキーワードのことです。

  • 季節のイベント(夏祭り、クリスマスなど)
  • 季節に関する事柄(残暑見舞い、衣替えなど)
  • 月ごとの行事(年賀状、お中元など)

など、その時期が来ると、
検索する人が多くなるキーワードです。

時期でないと検索自体されませんが、
その時期になると、多くの検索ボリュームになります。

ミドルレンジで上位表示できていれば、
来年・再来年と、安定してアクセスを呼び込むことができます。

ロングレンジキーワード

ロングレンジキーワードは、
毎日一定数、検索されるキーワードのことです。

ショートレンジ、ミドルレンジ以外の、
常に身近にあるキーワードがロングレンジキーワードです。

比較的、検索ボリュームは少ない傾向にありますが、
トレンドや季節に左右されずに、一年中、安定したアクセスが来ます。

また、選べるキーワードの幅が広くて多いです。
アドセンスブログを資産にしたいなら、ロングレンジを選びます。

キーワード選定のツール

キーワードを見つけるには、
メインキーワードで検索をして、

  • 「サジェストキーワード」 ・・・検索窓に出てくる候補キーワード
  • 「関連する検索キーワード」 ・・・検索結果の下に出てくる関連キーワード

を見るという方法があります。

※「サジェストキーワード」・・・検索窓に出てくる候補キーワード
※「関連する検索キーワード」・・・検索結果の下に出てくる関連キーワード

これらを一つずつやっていては、時間がかかります。
効率良く、沢山のキーワードを見つけるために専用のツールを使います。

それが、>>関連キーワード取得ツールです。


 

キーワードを入れて検索すると、
サジェストと関連するキーワードの一覧が表示されます。

他にも、キーワードに関連する、
「Yahoo!知恵袋」「教えて!Goo」が表示されます。

これで、狙いキーワードの関連キーワードが取得できました。

次に、検索ボリュームを調べます。

検索ボリュームを調べるには、>>キーワードプランナーを使います。
※ログインには、グーグルのアカウントが必要です。

使い方はシンプルで、

  • 「以前のキーワード プランナーを開く」をクリック


 

  • 「検索ボリュームと傾向の取得」を選択


 

  • 検索ボリュームを調べたいキーワードを記入して「検索ボリュームを取得」をクリック


 

※一度に調べられるのは、700個までです。

これで、調べることができます。

ただ、ツールで出てくる「キーワード」や「検索ボリューム」は、
あくまで目安であり、信じすぎるのは良くないです。

ツールで出てこないキーワードはありますし、
検索ボリュームが少なくても、アクセスが来たりもします。

Googleアドセンスのキーワード選定のやり方

「関連キーワード取得ツール」と「キーワードプランナー」
この2つを使って、キーワード選定をしていきます。
 


「関連キーワード取得ツール」で、
狙っているメインキーワードを検索。


全キーワードリスト(重複除去)にあるキーワードをコピーする。


「キーワードプランナー」の、
「検索ボリュームと傾向の取得」にペーストして取得。

 

これで、検索ボリュームを調べることができます。

検索ボリュームが出てこないのは、
ほとんど検索されていないということです。

なので、そのキーワードは避けた方がいいですね。

関連キーワードを調べるのは、メインキーワードの他に、
ミドルキーワードなど、2語キーワードも調べていきます。

スモールキーワードで、ビッグキーワードの検索上位を狙う

記事タイトルにキーワードを入れることで、
検索結果に、ブログが表示されるようになります。

この記事タイトルには、スモールキーワードを入れて、
スモールキーワードを狙うと同時に、ビッグ・ミドルも狙います。

キーワード選定したスモールであれば、3語の中に、
「1語キーワード・2語キーワード」も含まれています。

そのため、記事が評価されたりドメインが強くなれば、
1語・2語でも上位表示できるようになってきます。

「ユーザーのためになる記事」が上位表示になる

Googleの理念は、「ユーザーファースト」です。
>>「Googleが掲げる10の事実」SEO対策に必要なことが全て記されている!

そのため、検索上位に入るためには、
ユーザーのためになっている必要があります。

そもそも検索上位にならないと、アクセスが見込めません。

検索結果で1位であっても、ブログへのクリック率は、
「21.12%」くらいしかないと言われています。
>>検索上位にならないと・・・?

そのため、アドセンスブログでは、
検索ボリュームがあるキーワードで、1位を目指します。

つまり、垂直展開で「ユーザーのためになる記事を書く」ということですね。

記事の量産で、水平展開するのも一つの手ですが、
確実にアクセスを増やしていくなら、垂直展開がいいです。

>>「垂直展開・水平展開」収益を膨らませて、どんどん稼いでいく!

ユーザーのためにならない記事を量産したところで、
評価されないため、検索上位に上がることはありません。

検索上位に上がらないと、アクセスは来ません。
そうなると、キーワード選定の意味もありません。

SEOで集客するなら、ユーザーのためになる記事にするのは必須です。

最後に

アドセンスブログを資産にしたいのなら、
ロングレンジキーワードで記事を書いていきます。

このロングレンジは、アクセスが来るまで、
それなりに時間がかかってしまいます。

ですが、ユーザーのためになる記事をアップしていけば、
やがて、ドメインも評価されるようになります。

そして、その記事にアクセスが来るようになり、
アドセンスブログは、資産になっていきます。

キーワードは、「集客の入り口」になります。

なので、ここでミスしてしまうと、
アクセスを集めることができなくなります。

しっかりとしたキーワード選定が重要になります。

 
 
 

ネットビジネスで稼ぐための方法を、
トキオ・メルマガ無料)」で、公開しています!!

今だけ、メルマガ特典も付きます♪

↓まだ「準備中」ですが、登録することはできます。
トキオ・メルマガ

 

-Googleアドセンス

Copyright© トキオブログ , 2018 All Rights Reserved.