仕事・お金関連

40代で年収400万円は平均よりも多い?少ない?

投稿日:

トキオです。

自分の年収が見合っているのか、平均なのか低いのか?高いのか?
について知りたい人も、多いのではないでしょうか。

実際、他人と比較をしてみるということはとても大切で、
比較をすることで、自分がどのぐらい稼いでいるのかを改めて知ることができます。

今回は、40代で年収400万円は多いのか?少ないのか?についてご説明します。

40代の平均年収はいくら?

40代の平均年収について調べてみました。

国税庁が民間給与実態調査というデータでは、
40歳~44歳では年収568万円、45歳~49歳では年収638万円だということが分かりました。

そのため、年収400万円の40代男性は平均よりもやや低いということがわかります。

業種によっては大きな違いがある!?

年収400万円の男性は、平均年収よりもやや低いということがわかりました。
ですが、業種によっては大きな違いがあるということを理解しておく必要があります。

実際に、金融業では年収617万円、飲食業では年収233万円といったように、
仕事によっては、もっと年収が増える場合がありますし、年収が低いなんて場所もあります。

そのため、年収が400万円だからといって落ち込んでしまう必要は一切ないのです。

本当に大切なことは、

自分の仕事は見合っているのか?見合っていないのか?
やりがいを感じているのか?そうではないのか?

ということなので、自分で納得した仕事ならば誇りを持って働くことが大切です。

転職を考えてみる!

「年収400万円では、とてもじゃないけれども生活をすることができない」
「平均よりも下だと知って、別の所で働きたい」と思っている人もいるのではないでしょうか。

その場合は、転職を考えるのもオススメです。

しかし、40代だと再就職するのは遅いのではないか、
他の場所では雇ってくれないのではないか、と不安に感じてしまっていませんか。

40代でもスキルや能力があれば、働き口は見つかり、
どんな場所でも、安心して働くことができるようになっています。

40代は人生の分岐点とも言えますが、
転職をすることで、成功を収めた人もとても多くいるのも事実です。

現状に不満を持っているのならば、思い切って転職をしてみてはいかがでしょうか。

40代からでも始められる、ネットを使った副業とは?

40代で年収400万円は、平均よりも少し低いということがわかりました。

また、業種によっては、それよりも上の場合もあれば下の場合もあります。

年収が400万円だからといって落ち込んでしまう必要も一切ないですし、
自分のやりたい仕事をやるのが良いです。

何事も無理して続ける必要はないですし、現状に不満があれば転職を考えてみてください。
 

年収400万円は、生活できない額ではないです。
ですが、これから何かとお金がかかるため不安が残ります。

病気しやすくなるでしょうし、子供がいたら学費なども必要です。

そのためには、他に収入源があると安心できますね。

副業として始められて、本業以上に稼げる可能性がある。
それが、ネットビジネスです。

ネットビジネスは、ネットとPCがあれば、自宅ですぐに始めることができます。
ネット上に資産を作るため、毎月手放しでも収入を得ることができます。

 
 
 

ネットビジネスで稼ぐための方法を、
トキオ・メルマガ無料)」で、公開しています!!

今だけ、メルマガ特典も付きます♪

↓まだ「準備中」ですが、登録することはできます。
トキオ・メルマガ

 

-仕事・お金関連

Copyright© トキオブログ , 2018 All Rights Reserved.