コピーライティング

「3つのONE」文章を読んで、クリックしてもらうためのコツ!

更新日:

トキオです。

文章は読んでもらわなければ、意味がないです。

「購入リンク」や「登録URL」は、
クリックしてもらわなければ、意味がないです。

その、読んでもらうため、クリックしてもらうためのコツ、
それが、「3つのONE」です。

今回は、文章を読んで、クリックしてもらうための「3つのONE」についてです。

「3つのONE」とは?

  • One Message(ワンメッセージ)

  • One Market(ワンマーケット)

  • One Outcome(ワンアウトカム)

この3つを意識することにより、
5つのNOT」のNot Read以降の壁を越えやすくします。
Not Readの壁を越えて、「購入リンク」や「登録URL」へ誘導しやすくなります。

この「3つのONE」は、

  • ブログ記事
  • メルマガ
  • セールスレター

などに応用ができるため、必ず覚えておきましょう。

One Message(ワンメッセージ)

ワンメッセージは、「一つのメッセージを一貫させる」という事です。

一つの記事やセールスレターで、あれも伝えてこれも伝えてと、
いろんな情報を詰め込むと、ユーザーが混乱します。

結果、どのメッセージも伝わらなくなります。

メッセージが伝わりませんし、混乱状態のため、
読むのを止めてしまうし、何かを購入しようとも思いません。

メッセージをシンプルに一つにして、
その一つを様々な角度から見て、伝えます。

One Market(ワンマーケット)

ワンマーケットは、「一つに市場を絞る」という事です。

市場を一つに絞らないと、どれも魅力を伝えられなくなります。
ダイエットの事だと思いきや、株投資に関する事が入ってくるみたいなものです。

ダイエットに関する事なら、ダイエットの事を。
株投資に関する事なら、株投資の事を。

互いに関係性がなく、詰め込むだけだと、
反応が落ちて、離脱されてしまいます。

One Outcome(ワンアウトカム)

ワンアウトカムは、「一つの出口にする」という事です。

もし、購入してもらう事が目的なのであれば、
出口は「購入リンク」だけにします。

「メルマガの登録」が目的ならば、
出口は「登録URL」だけにします。

途中に、別のリンクを設けてしまったら、
そっちへアクセスが流れてしまいます。

「一つのメッセージ」と「一つのマーケット」で読んでもらった後、
どこに誘導したいのかを明確にする必要があります。

ユーザーを混乱させないように

これらの「3つのONE」は、なぜ意識しないとならないかというと、
ユーザーを混乱させて、迷わせないようにするためです。

ユーザーは混乱すると、不快に感じて信用しなくなります。
そして、読まなくなって、そのまま離脱してしまいます。

混乱させないためにも、シンプルにしていく。

入り口から出口まで、シンプルな1本の導線を作ります。
そうすれば、スムーズに読んでいってもらえます。

そのための、「3つのONE」です。

最後に

  • どんなに良い文章であっても、
  • どんなに良い商品であっても、

3つのONE」ができていないと、ほとんど意味がないです。

目的は、「一つの出口(リンク)をクリックしてもらう」ことです。

そのために、「一つのメッセージ」「一つのマーケット」で、
出口まで読んでもらうようにするのですね。

 
 
 

ネットビジネスで稼ぐための方法を、
トキオ・メルマガ無料)」で、公開しています!!

今だけ、メルマガ特典も付きます♪

↓まだ「準備中」ですが、登録することはできます。
トキオ・メルマガ

 

-コピーライティング

Copyright© トキオブログ , 2018 All Rights Reserved.