Googleアドセンス

Googleアドセンスでクリック単価が「1円」の理由とは?

更新日:

トキオです。

アドセンスの平均クリック単価は、約30円です。
なのに、クリックされたと思ったら「1円」だった・・・。

これ結構、アドセンスあるあるです。

「1円」でなくても、ほんの数円ということも。

今回は、Googleアドセンスでクリック単価が「1円」の理由についてです。

Googleアドセンスで「1円」が出てしまう理由とは?

収益がないより、あった方がいいですが、
「1円」となると先行き不安になりますよね。

前情報として、平均クリック単価が30円と知っていれば尚更。

この「1円」には、様々な理由があるんです。

インプレッション収益

Googleアドセンスは、クリック型とインプレッション型とがあります。

  • クリック型は、そのままクリックされたら収益になる広告
  • インプレッション型は、表示されるだけで収益になる広告

このインプレッション収益は、広告が1000回表示されたら収益になるので、
そのインプレッション収益で、「1円」が入ってきている可能性があります

>>RPM(インプレッション収益)

広告が表示されるだけで収益が入るため、楽ではありますが、
その分、単価も安くて「数円」という場合が多いです。

無効クリック

アドセンス広告がクリックされたけど、無効クリックと判断された。
そうすると、その収益は「0円」になってしまいます。

その中で、誤クリックの場合は「1円」になる場合があります

間違えて広告をクリックしてしまい、すぐに離脱した時など、
本来のクリック単価でなく、誤クリックとしての収益になるんですね。

>>Googleアドセンスでクリックされたのに0円の理由とは?

スマートプライシングといって、広告主を守る機能があります。

誤クリックで広告効果が見込めないのに、広告料を払っていたらキリがないです。
なので、誤クリックのクリック単価を引き下げるようになっています。

クリック単価が安いアドセンス広告

もともと、クリック単価が安いアドセンス広告ということもありえます。

広告を出稿するのに「数円」で出せるものもあります。

その広告をクリックされた場合、
自分とGoogleアドセンス側で収益を分け合うことになります。

それで、クリック単価が「1円」というのになるんですね。

クリック単価が安い広告は、芸能、ゲーム、アニメなどが多いです。
>>Googleアドセンスで稼げないジャンル

エンタメ系のブログは、どうしてもクリック単価が低い傾向になりますね。

最後に

「1円」と見ると、先行き不安になったり、
何かしらのペナルティかと思ったりします。

気をつけたいのは、「無効クリック」ですね。
自己クリックなどだと、アカウント停止の恐れもありますから。

他は、そこまで気にすることでもないです。

アクセスが増えてくれば、1円の他にも、
ちゃんとしたクリック単価のものが入ってくるようになります。

中には、1クリック「数百円」というものもあり、
1円の時とは、また違う意味で驚いたりもします。

 
 
 

ネットビジネスで稼ぐための方法を、
トキオ・メルマガ無料)」で、公開しています!!

今だけ、メルマガ特典も付きます♪

↓まだ「準備中」ですが、登録することはできます。
トキオ・メルマガ

 

-Googleアドセンス

Copyright© トキオブログ , 2018 All Rights Reserved.