Googleアドセンス

Googleアドセンスでクリックされたのに0円の理由とは?

更新日:

トキオです。

アドセンスをブログに貼って、「クリックされてる!」
と思ったら、収益0円との表示。

始めの頃は特に、「クリックされたのに・・・」
と思いがちですが、それは当然の処置をされたに過ぎないです。

今回は、Googleアドセンスでクリックされたのに0円?についてです。

アドセンス広告がクリックされたのに、なんで"0円"?

アドセンスがクリックされたのに、0円という表示。
これは何故かというと、「無効クリック」と判断されているからです。

無効クリックは、その名の通り「認められないクリック」のことです。

具体的に上げると、

  • 自己クリック

  • 誤クリック

  • 不正クリック

など、広告効果を得られないクリックです。

それぞれ、一つずつ見ていきましょう。

自己クリック

自分で自分のアドセンス広告をクリックすることですね。
これをやってしまうと、最悪アカウント停止になってしまいます

私も最初の頃は、

「アドセンス広告が本当に機能しているのか?」
「この広告、ちょっと気になるな・・・」

と思って、自己クリックしたことがあります。

数回くらいなら大丈夫ですが、
それが、頻繁にクリックするとなるとポリシー違反になります。

収益が入ってこないし、ポリシー違反になるし、
自己クリックは、決してイイ事はありません。

誤クリック

間違ってクリックしてしまい、すぐにブラウザバックしたケースです。

これは、記事中に貼っているときに多いですね。

特にスマホなどでは、画面いっぱいに広告が出ますし、
タップで操作するため、誤クリックしやすいです。

とにかく、クリックしてもらえばいい。
そんな考えで、アドセンス広告を貼ってしまう。

そうすると、確かにクリック数は増えますが、
誤クリック判定されるので、結果0円ということに。

クリック数が増えても、収益が出なければ意味がないですね。

不正クリック

自分でクリックしたとか、すぐにブラウザバックしたとかでなくても、
同じ人が何度もクリックすると、不正クリックです。

ロボットやツールでクリックを繰り返すということもあります。
これらも全て、不正クリックとして処理されます。

これは、アドセンス狩り対策にもなっているので、
アドセンサーからしたら、自動処理はありがたいものでもあります。

ですが、あまりに不正クリックが多い場合は、
放置するのではなく、しっかりとGoogleに伝えましょう。

>>アドセンス狩り対策

Googleアドセンスは、クリック後も見ている

アドセンス広告は、広告主がお金を出して出稿しています。
そのため、無効クリックばかりだと商売上がったりになるんです。

それらを防がなければならないため、対策がなされています。

Googleアドセンスは、クリック後の行動も見ているんですね。

例えば、アドセンスをクリックをして、すぐにブラウザバックをする。

そうすると、クリック先での滞在時間が数秒になります。
それでは、広告の効果がないため無効と判断されるんですね。

そんな見られてもいないクリックに、お金を払っても意味がありません。

それが有効とされてしまうと、広告を出す人がいなくなってしまいます。
そのため、Googleアドセンス側はクリック後の行動をしっかりと見ています。

まとめ

アドセンスをクリックされたのに、0円というのは、
始めの頃は、結構あるあるだったりします。

私も経験があります。

アドセンスで稼ぐためには、ユーザーをたくさん集めて、
記事を読んでもらい、興味ある人にクリックしてもらう。

これ以外にありません。

アドセンスで稼ぐには、「アクセスを集める」ことです。
とてもシンプルなので、これに注力していきましょう。

 
 
 

ネットビジネスで稼ぐための方法を、
トキオ・メルマガ無料)」で、公開しています!!

今だけ、メルマガ特典も付きます♪

↓まだ「準備中」ですが、登録することはできます。
トキオ・メルマガ

 

-Googleアドセンス

Copyright© トキオブログ , 2018 All Rights Reserved.